理科

はやぶさ2探査船が収集した小惑星試料でアミノ酸発見

日本政府が2020年末、日本のはやぶさ2号探査船が小惑星から地球に持ってきたサンプルから20種類以上のアミノ酸が検出されたと月曜日、政府管理が明らかにした。

すべての生命体がタンパク質を作るのに不可欠なアミノ酸が発見された今回の発見は、生命の起源を理解する糸口になると教育部が明らかにした。

2020年12月、Hayabusa2が6年間実施したカプセルは、3億キロメートル以上のRyugu小惑星から地球に5.4g以上の表面物質を供給しました。

ファイルの写真は、2019年11月にHayabusa2が撮影した龍宮小惑星を示しています。 (写真提供:JAXA)(京都)

龍宮の探査機は、太陽系と生命の起源に謎を解くことを目指しました。 サンプルの以前の分析は、水と有機物の存在を示唆した。

日本航空宇宙研究院と東京大学、広島大学など全国の研究機関が2021年からサンプルに対する本格的な調査に着手した。

アミノ酸が古代地球にどのように到着したかは知られていませんが、ある理論によると、アミノ酸は地球で見つかった隕石から検出される隕石によって運ばれたとされています。 しかし地面に付着した可能性もある。

地球に到達した隕石は、大気圏に当たると燃え、瞬時に地上の微生物に汚染されます。

ファイル写真は、龍宮小惑星からHayabusa2宇宙船が地球に持ってきたサンプルを示しています。 (写真提供:JAXA)(刑務所)

Hayabusa2は、太陽光や宇宙船で風化していない地下物質を収集し、外気にさらされずに地球に届くという点で画期的なものです。

横浜国立大学(Yokohama National University)の宇宙生物学名誉教授である小林健也(Kensei Kobayashi)は、エイリアンの生命体に様々な種類のアミノ酸が発見された前例のない発見が地球外に生命体が存在するという暗示を与えるかもしれないと述べた。

2021年3月12日、神奈川県相模原市博物館で日本航空宇宙探査局のハヤブサ2号宇宙探査船で小惑星サンプルを地球に送るために使用されたカプセルが一般に公開されている。 (刑務所)

「アミノ酸が小惑星の表面の下に存在することを証明すると、化合物が宇宙から地球に到着する可能性が高くなります」と彼は言いました。

それはまた、アミノ酸が他の惑星や自然の衛星で発見されることを意味し、「生命は以前に考えたよりも宇宙のより多くの場所で生まれることができた」と小林は付け加えました。

Hayabusa2は2014年に地球を去り、3年以上太陽の周りを楕円軌道で32億kmを旅行した後、2018年6月に龍宮上空に停止位置に到達しました。

探査機は次の年に2回小惑星に着陸し、小惑星から最初に指標の下のサンプルを収集しました。


関連する適用範囲:

JAXAが来年春小惑星「重大発見」を発表


READ  無料影響力がPR記事くれるサービス、Hashgiftを開始します。 Hashgift、Influencers PR posts for free、will be started。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close