ほとんどの地下に住むイカのような植物は科学に新しいものです

Estimated read time 1 min read

新しく記述された植物であるRelictithismia kimotsukiensisは、年に数日間だけ地上に現れます。

たがね修一郎

カビを食べて育ち、色素のない小さな植物が1930年以来、日本で初めて新しい植物の中に命名されました。

2022年6月、アマチュア植物学者によって九州島の木月山で発見されたが、その独特の地位を確認するにはこれまで時間がかかった。 これまで、研究者は単一の場所でわずか5人の個体しか発見しておらず、全体の個体数は50人程度に過ぎないと推定しています。

高さ3センチメートル、幅2センチメートルまで育つこの植物は、毎年一週間ほどだけ表面に上がります。 妖精ランタンとして知られる植物群に属し、学名が与えられました。 Relictithismia kimotsukiensis。

他のほとんどの植物とは異なり、妖精は光合成に必要な緑色の色素であるクロロフィルを生成しません。 代わりに、彼らは真菌からエネルギーを得る。 「このような適応により、より身近な光合成植物に比べて外観が奇妙に見えることがあります」と言います。 修津区賢治 新種を記述した科学者の一人である日本神戸大学出身。

「この新しい植物種のユニークな姿は、イカやエイリアンの存在のイメージを連想させ、植物の世界に本当にユニークで魅惑的な追加物になります。」

Suetsuguは植物の日本の名前を提案した。 ムジナノショクダイこれは「アライグマの燭台」に翻訳されています。

Suetsuguが最初に植物について聞いた後、植物が成長するのを発見するのに約1年かかりました。 「喜びと安心」の瞬間だったと彼は言います。 なぜなら、それを正しく描写するのに必要な標本を集めるのに10年かかるかもしれないという恐れのためでした。

彼は日本政府がこれらの植物が道路に近いため絶滅危機に瀕した植物を保護し、個体数保存のための措置を取ることを期待しています。

「[The discovery] 新しい種は、遠く離れているか、未知の領域でしか発見できないという概念に挑戦し、代わりによく研究された地域にまだ発見されていない植物の宝物が隠れている可能性があることを示唆しています。」とSuetsuguは言います。

トピック:

READ  Cicada Chasers:Brood Xのバグをマッピングする市民科学者に会ってみてください
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours