トップニュース

ほぼ30年間、この日本病院はトイレ水を飲料水として使用してきました。 Trending News

先月メディアに公開された奇妙な事件によると、日本のある病院で30年以上便器用の単純処理水を「誤って」飲料水として使用した。

日本メディアの読売新聞によると、大阪大学は10月20日、学校学科の特定の位置にある蛇口の一部が誤って設置され、飲料水パイプがトイレと接続されたと10月20日明らかにした。

雪上家として、この問題は1993年開園以来30年以上続いており、蛇口120個で欠陥が発見された。

驚いたことに井戸水は120本の蛇口まで流れ込み、飲料水や手洗い、うがいまでしていました。

1993年、病院の建立当時、配管接続ミスで問題が発生した。

昔から問題があったという事実にもかかわらず、病院が新しい診断および治療施設を建設する準備をしている間、検査中に問題が見つかるまで誰もそれを知りませんでした。

報道によると、病院は既存の記録に従って週に一度水の色、味、臭いなどを確認するなど、2014年から問題がないと伝えられた。

一方、大学は試験を通して健康上のリスクが見つからなかったと主張しています。

(代理店の意見を含む)

READ  ゲーム "サイバーパンク2077」の「加飾」と壊れた信頼の背面から起こっていた - WIRED.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close