スポーツ

まだ回復中、日本は津波が発生したか、10年ぶりにすべて| ニュース、スポーツ、採用情報

By MARI YAMAGUCHI

AP通信

TOKYO – 日本は今日の午後2時46分に地震が10年前に始まった瞬間を記念するために静かになりました。 した生存者が、人々が忘れ開始することを恐れている災害で日本の北東海岸を荒廃させた津波と核危機を開始しました。 。

花束を持って、多くの人がビーチに歩いたり、墓を訪問し、水で洗浄された親戚や友人のために祈りました。 徳仁天皇と菅義偉首相は、東京の記念館でしばらく沈黙を守る人々のいずれかであった。 生存者の高官らと代表者が言いました。 しかし、ほとんどはコロナウイルス感染症を遅らせる制限のため、オンラインやテレビでのイベントを見ました。

記録上最大規模の一つである2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0の地震は、遠い内陸をさらって村を破壊し、福島第一原子力発電所からの崩壊を引き起こした。

地震翌日は、水素爆発が大気中に放射能を放出し、技術者が水をポンプで発電所の燃料を冷やすために激しく努力し、日本とのより遠方の多くの人々にひどいものだった。 東京とも米国西海岸が危険にさらされているという恐怖を含んで、崩壊の程度と放射線がどの程度移動できるかについての懸念と混乱がありました。 関係者は、そうではないと述べたが、中国とロシアのような遠く離れた買い物客は、自分を守ることと考えた商品を買い入れるうと努めています。

18,000人以上が、主に津波で死亡しており、約50万人が移住しました。 政府は、ストレスのような災害に関連する原因で死亡した別の3,700人(ほとんど福島県出身)を認めます。

10年が過ぎた今も40,000人以上の人々が家に帰ることができず、破線された工場の近くの地域は、初期放射線降下物による汚染のためにまだ立ち入り禁止状態です。 日本の多くの人々は、物理的再建の国の集中が必要な他の治癒を時々無視したました。

「災害被災地の再建は大きく進展したが、生存者たちの心の回復は、私たちが好きなだけ進まないです。 “ 津波で5歳の息子翔太を失った南相馬小学校教師斎藤誠は、東京のイベントでの演説で語った。

政府は、今回が災害の国家的記念を組織する最後の年と言いました。 福島生存者を代表するサイトは、被災地外の記憶が消えることを恐れ、災害の教訓を続けて話して息子の話を聞かせてことで、そのようなことが発生しないように最善を尽くしています。

徳仁が言った 「私の心が痛い」 愛する人、仕事、全体のコミュニティを失うことを含めて、三重災害により生活の急激な変化に適応するのに苦労した人を考えるとき。

“私はまた、心の傷を癒し、高齢者や子供を含む苦しむ人々の精神的、肉体的健康の世話をすることが重要だと思います。」 彼は言った。 彼は人々がそれらの隣に立って自分たちの生活を再建するのを助けることが重要であると強調しました。 「この困難な状況で一人の魂も残さず」

東京の豪華なショッピング街、銀座で歩行者は、過去の記念日のように沈黙の瞬間を観察するために停止しました。 しかし、ここ数年の間に多くの人々を引き込む近く日比谷公園で記念コンサートが今年オンラインで開かれ、少数の観客だけ集めました。

東京を越えて多くの人々が防災に対する認識を高めることで、その日を記念しました。 京都では、当局が緊急訓練を実施しました。

道路、鉄道路線、住宅や他の主要なインフラストラクチャは、ほとんど災害被災地で30兆円(2800億ドル)以上の費用で再建されました。 しかし、福島にはお店や家が捨てられて遮断され、汚染除去に起因する膨大な量の放射性廃棄物が溜まっ福島地域には通行禁止区域が残っています。 宮城県岩手県の北部海岸沿いの町には、空き地が残っています。 すでに災害が起こる前に、人々が移住するのを見て、その傾向が加速されているのを目撃しました。

津波で視聴が破壊された岩手県大津チチョは約40人の従業員が命を失い、黒のスーツを着た家族が建物があった空き地に集まりました。 宮城県石巻では、数十人の住民が3000人以上の犠牲者の名前が入った記念碑で祈りました。

岩手の別の都市陸前高田では、17メートル(56フィート)に達する津波で1,700人以上の住民が死亡し、オレンジ色の救命胴衣を着用した警察官数十人が発見されていない人々の遺体を見つけ海岸線をとかした。 毎月多くの村ではまだ繰り返されます。 2月に発見された女性の遺体は火曜日に家族に返されました。

放射能による死亡者は直接確認されなかったが、福島は回復努力に遅れ原子力発電所近くの7つの村に合計33,000ヘクタール(81,500エーカー)の土地がまだ禁止区域に分類されています。 燃料確保、原子炉解体と発電所の汚染除去は、前例のない挑戦であり、10年の作業の終わりこれを行うことができるかどうかについての質問があります。

しかし、工場を運営した東京電力ホールディングスの社長は、今日の声明の中で、会社が精製を続けて、そのプロセスに関連する仕事やビジネスを開発するのに役立ちことに決めたと述べた。

「私たちは、10周年を限界的に考えていない福島第1事故が消えないようにします。」 Tomoaki Kobayakawa said。

今日のイベントは、7月に延期された東京オリンピックのために福島でオリンピックの聖火リレーが始まるわずか2週間前に行われます。

シュガーは、オリンピックが災害で日本の回復を示すものであり、コロナウイルス感染症の人間の勝利の証拠になると述べた。 しかし、いくつかの生存者たちは、回復がまだ完了していなかったと言います。

受信トレイで、今日の速報など

READ  事故後疑われるゴルフのタイガー・ウッズの未来

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close