トップニュース

まだ必死でない日本と韓国は、予防接種に向かって出た。

日本の最大の都市は、コロナウイルスの死者が増加するにつれて、緊急事態に直面しており、日本がオリンピックを安全に保持することができると、世界に確信させようと努力しています。 韓国は最近急増を制御するために、5人以上の集会を禁止している。 香港は上昇を防ぐために最も貧しい地域に厳しい封鎖ルルガました。

しかし、この所のどこにも感染症を防ぐことができる唯一の解決策である予防接種を開始していません。

米国と欧州のほとんどの国はもちろん、中国とインドが人口を接種し始めたが、日本、韓国、香港ははるかにゆっくりと進行して目立ちました。

日本は2月末までに医療スタッフの予防接種さえ開始していないことです。 韓国でも同様であり、65歳以上は5月まで接種を開始していません。 中国反自治領土である香港は、2月中旬から「高危険群」の予防接種を開始する予定です。

ある程度東アジア経済大国3台の時間の余裕がある。 最近の感染増加にもかかわらず、米国や英国を荒廃させた種の発症は、経験していませんでした。

伝染性が高く、おそらく致命的なウイルスの亜種が全世界的に出現することによって発生する遅延は大衆を保護し、疲れた人口のために、通常の性を回復しようとする政府の努力を妨害することができます。

しかし、煙は機会も提供しています。 劣っ人々は、米国と欧州の問題がある展開で学ぶために時間を費やすことができます。

より意図的に動かすと、東アジアの政府は、ワクチンが作られる驚くべき速度に対する大衆の懸念を緩和することができます。 日本と韓国の世論調査によると、多くの人がすぐに予防接種を気に気づいた。

供給も導入速度を制限することができます。 香港は今年1月、ファイザーワクチンを承認したが、日本と韓国は、まだ承認されていない。

理論的には、日本はより緊急期限を持っています。 政府は、妥当性に対する疑問が深まっているにもかかわらず、オリンピックを続けると主張している。 元東京で2020年に予定されていたが、今年の夏に延期されたオリンピックは7月23日にオープンする予定だ。

READ  日本、オリンピック心配にCOVID-19ワクチン接種開始

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close