トップニュース

まだCOVIDワクチンを待っている、日本の市民は五輪開催についてはまだ非常に緊張しています。

東京 – 主催者 夏季オリンピック 更新されたバージョンの “プレイブック“そのレイアウト コロナウイルス感染症-19:コロナ19 東京オリンピックが予定通り3カ月以内に開始できるように安全対策をとっています。 しかし、「すべての可能な対策を配置し、安全を最優先に、「という誓いにもかかわらず、日本の遅いワクチン発売により、市民は大規模な国際行事が安全に開催されることができるという確信を持たんでした。

ゲームの主催者は、周辺のイベントを含む全国的な祭りを主催しました。 オリンピックの聖火リレー、ここ数カ月の間夏季オリンピックの開会式が近づいてきて興奮を呼び起こすことを希望します。

しかし、CBSのニュースの特派員であるLucy Craftが報じたように、このような先駆的なイベントでさえ、多くの場合、観客が禁止されている強力な反コロナ措置の下で行われた。 京都外国語大学の政治学教授であるナンシー・スノー(Nancy Snow)によると、日本が数万人のグローバルプレーヤーとチームへの扉を開くために準備をしている状況で、日本が直面しているリスクを暗鬱に思い出させた。

「これは本当にひどい目に見えるようです。リボンカットの動きや聖火ラリー発表があるたびに、常に若干の不満があります。今の聖火ラリーでは見えません。応援するファンがありません。」 目に見えて暗くなったイベントの目。


聖火リレー、2021年に日本オリンピック開始

01:41

新しい「プレイブック」の手順の一部として、主催者は、水曜日に運動選手のための必須の毎日のコロナウイルススキャンがあることを発表しました。 選手は分離する必要がありません選手は、オリンピック村、競技場、訓練区域に限定されます。

日本の企業スポンサーの間でも、オリンピックへの支持が急減した。 期待感が不安な辞任に置き換えながら雪は言った。

これまでの日本の人口の約1%だけがCOVID-19の予防接種を受け、現在の計画によると、7月のゲームが開始されると、ほとんどはまだ保護されないでしょう。

買い物客が東京オリンピックの公式ストアを過ぎていきます。
買い物客が2021年4月25日、東京で開かれた東京オリンピック2020公式ストアを過ぎています。

ジェームズ松本/ SOPA画像/ LightRocket / Getty


スノーは、日本の予防接種発売を「今すぐ非常に激しく」と説明すると述べた。

彼女は「国家は7月のオリンピックのためにワクチンの準備がされていない」と述べた。 「まだ制御できない状況があります。 “

水曜日、国際オリンピック委員会委員長であるトーマス・バッハ(Thomas Bach)は、新しいCOVID-19感染率が増加するにつれて、今年初めに東京で第二の非常事態を宣言することにした日本の指導者の決定を完全に理解したと述べた。 しかし、彼は日本のオルガナイザーたちと一緒に、安全で成功大会を開催するために最善を尽くしていると述べた。

東京2020 5文字会議の開催
トーマス・バッハ国際オリンピック委員会委員長(右画面)が開幕演説をしており、東京2020組織委員会社長橋本聖子(R)と東京支社百合子小池(L)が4月28日、東京2020オリンピックとパラリンピック会議を聞いている。 、2021年、日本の東京。

フランクロビーション/フル/ゲッティ


しかし、いくつかの国でコロナウイルスがまだ激怒している状況で、国が2020年夏季五輪で脱落し始めてオリンピック1年延期を余儀なくされた昨年の事件が繰り返される可能性があります。

そうなれば、日本のほとんどの人々は失望していないことです。

READ  【広島】石原慶幸が今季を最後に現役引退を発表し鯉一筋19年11.7引退セレモニー(スポーツ報知) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close