まれな組織損傷バクテリアが日本に広がった。

1 min read

日本がコロナ19時代の制限を緩和した後、まれな組織損傷バクテリアによる病気が日本で広がっています。

1999年からこの病気の発症率を追跡してきた国立感染病研究所によると、連鎖球菌毒性ショック症候群(STSS)の事例は今年6月2日まで977件に達した。 これは昨年全体報告された記録である941件より高い数値だ。

グループA連鎖球菌(GAS)は一般的に「敗血性咽頭炎」として知られている子供に腫れや喉の炎症を引き起こしますが、いくつかの種類の細菌は四肢の痛みや浮腫、発熱、低血圧などの症状が急速に発症する可能性があります。 その後、壊死、呼吸の問題、長期不全、死亡が発生します。

東京女子医科大学感染病学科菊池健教授は「現在の感染率であれば、今年日本国内の患者数は2,500人に達し、死亡率は30%に達することができる」と話した。

菊池博士は「ほとんどの死亡は48時間以内に発生する」とし、「患者が朝に足に浮腫を感じれば正午まで膝まで腫れ、48時間以内に死亡できる」と話した。

他の国でも最近発生した。 2022年末、少なくとも5つのヨーロッパ諸国でSTSSを含む侵襲性A群連鎖球菌(iGAS)疾患の症例が増加したと世界保健機関(WHO)に報告しました。 WHOはコロナ19制限措置が終了した後、事例が増加したと明らかにした。

菊池は人々に手の衛生状態を維持し、開いた傷の治療を促した。 彼は患者が腸にGASを持っている可能性があり、これは便を通して手を汚染する可能性があると述べた。

READ  CAPSTONEのロケットラボ打ち上げは、NASAの月着陸を開始します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours