まれに北海道にオーロラが現れる

1 min read

強力な太陽嵐が追い込まれた後、週末に北海道と日本の北部地域でオーロラが観測され、オーロラがほとんど見えない地域の星が輝く夜に光を加えました。

去る1月1日大地震が発生した石川県能登地域を含め、北海道と東北地方全域でオーロラが観測されたと地元メディアが報道した。

オーロラ写真を撮ることができた幸運児の一人は、北海道名横にある北スバル天文台の元所長だった佐野康夫でした。

佐野康夫提供

20余年前、日本で最後に北極光を観察し、土曜日の名誉で写真を撮った佐野は「私は魅了された」と話した。

彼は過去20年間、カメラ技術やその他の観測機器が発展し、人々が瞬間をよりよく捉えることができるようになったと述べました。

土曜日、ナヨロのオーロラ

土曜日ナヨロのオーロラ| 佐野康夫提供

「ほぼ20年前の2003年と2001年に、低緯度オーロラを直接目で観察して写真を撮りました。 今回はもっと驚くべきことでした。 生涯一度も経験したことがないことで、以前に見たことのないことでした」とSanoは言いました。

土曜日、ナヨロのオーロラ

土曜日ナヨロのオーロラ| 佐野康夫提供

READ  物理学者は奇妙な新しい形態の超伝導性を識別します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours