経済

みずほFG証券部門今期経常利益1300億円と過去最高に – 環境追い風 – Bloomberg

みずほフィナンシャルグループ(FG)は、国内外の証券部門のタブー(2021年3月)の経常利益前期比2倍以上に相当する1300億円を目指す。 4 – 第3四半期(上半期)はアメリカの債券発行ラッシュなどの環境に支えられ、過去最高の利益を記録した。 下半期新型コロナウイルス災害を契機とした企業の調達・再編意欲が高く、収益機会は多いと見ている。

みずほ証券の飯田社長

出典:Mizuho Securities Co.

みずほ証券の飯田浩一社長はブルームバーグとのインタビューで、今期の国内外の合算経常利益の見通しについて、「少なくとも1300億円程度の水準を超えて行くことができる感じ」と見通した。 接続対象ではない海外証券業務を合算した数字で達成すると、以前みずほインベスターズ証券と合併した2014年第3四半期以降、史上最大となる。

上半期経常利益は前年同期比2.7倍の823億円だった。 飯田社長はアメリカの債券発行ラッシュと日本の銀行の二次元緩和政策に豊富な投資資金が資本市場に流入しているかどうかなど、良い環境に支えられたと指摘した。 その上で、小売事業法人グローバル投資銀行グローバルマーケットの「部門全体が最高の利益で競争力・収益力が増えたことを実感している」と評価した。

昨年から本格的に進出した米国での株式デリバティブ事業は、今年9月に現地でライセンスを取得しました。 国内だけだった販売店が、米国企業などに広がった。 米国の証券事業は、上半期の経常利益の半分以上を追ってしまったコアビジネスの一つ。 米国での銀行・証券ビジネス統合など体制の強化をある程度終えたとし、「共有と付加価値拡大のために完全に動作し始めた状況」と説明した。

タブーは過去最高の利益に

みずほ証券の経常利益の推移

出典:会社資料

みずほFGの5カ年事業計画最後の学期(24年3月)までに、みずほ証は経常利益1000億円、小売保管資産残高50兆ウォン達成目標を掲げる。 利益は今年中に目標を上回る見通しだ。 上方修正の可能性について飯田社長は安定的に1000億円を確保することができる体質強化をした後、「今の目標以上の貢献をしたい」と述べるにとどめた。

対面証券会社の上半期経常利益(米国会計基準企業は、税引前利益)は、野村ホールディングスが前年同期比31%増加の2654億円、三菱UFJ証券ホールディングスが同2.6倍の257億円など収益環境の追い風を背景に各社一斉に増益になった。

飯田社長は「世界が大きく変化の中で、資本市場の魅力が増加しており、証券事業自体が成長産業とすることができる」と楽観的な認識を示している。 コロナ災害を機会にして高くなった企業の調達意欲は「少し鈍化しているが、まだ堅調」と、さらに足元でコロナ後を備えた業界再編や企業買収合併(M&A)のパイプラインは、非常に活況を呈しと述べた。

READ  ソフトバンク新料金は、最終的な後出しじゃんけんだ。 ahamo、基号、UQの前面対抗(シノ純也) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close