science

もしアンドロメダ銀河のハローが見えた場合は? | sorae宇宙のポータルサイト

私たちが住んでいる天の川直径約10万光年考えられていますが、これは銀河の中心部には、「膨張」周囲から渦に拡散「皿」大きさ。 膨張と円盤の外側には、直径約100万光年“ハロー”この構想に広がっていると見ることができます。 球状星団やガスなどが存在しているハローサイズこそ大きいが膨張や円盤に比べてかなり密度が低いため、観測しにくい構造です。

アンドロメダ銀河のハロー(紫)の拡散を描いた想像図である。 ハローの中心付近にあるがアンドロメダ銀河(Credit:NASA、ESA、J. DePasquale and E. Wheatley(STScI)and Z. Levay)

そんなハローもし見えた場合、銀河はどのような姿に見えるのでしょうか? こちらの画像は、約250万光年の有名なスパイラル「アンドロメダ銀河(M31) “ハローがある程度の範囲に広がっているかどうかを描いた想像図である。 満天の星空を背景に紫色で表示されることがアンドロメダ銀河のハロー広がり、地球から見た幅は北斗七星の長さの3倍に達するとする。

アンドロメダ銀河と銀河系はアクセスを続けており、今から約40億年後には、衝突が開始と予想されています。 ノートルダム大学Nicolas Lehnerさんアルグループによる“ハッブル”宇宙望遠鏡を用いた観測結果ハローを構成するイオン化ガスは、アンドロメダ銀河で130万光年の範囲まで広がっていることが判明したそうです。 ハロー拡散方向に沿って2万光年に達すると見られ、これは私たちの銀河とアンドロメダ銀河のハローが既に接触していることを示すものとされています。

観測に使用されたクエーサーの分布(オレンジ色の円)とハロー拡散(紫)を示した図(Credit:NASA、ESA、and E. Wheatley(STScI))

検出が困難なハローガスを調査するために、研究者はアンドロメダ銀河の方向にある43個のクエーサーで与えられた光を利用しています。 はるか遠くの活発な銀河中心部分であるクエーサーの光ハローを通過するときに、その一部がガスに吸収される。 ハロー越しに観察したクエーサーの光がどのように吸収されているかを調べることで、ヘルロウル構成するガスの性質を知ることができます。

研究者がハッブル宇宙望遠鏡による紫外線の波長を使用したクエーサーの観測データを分析した結果、アンドロメダ銀河のハロー外側と内側に分け層状構造をなしていることが明らかになったと言います。 アンドロメダ銀河で50万光年程度の範囲に広がっているように見える内側の部分は円盤で発生した超新星爆発の影響を直接受けているのではないかと考えています。 研究に参加したエールSamantha Berek氏は「未来の星形成活動​​に使用されている物質や超新星爆発で放出された物質が含まれているヘルロウン銀河の過去と未来についての手掛かりがたくさんあります。銀河を取り巻く巨大なハローを理解する重要なものです」とコメントしてています。

銀河の中心から境界までの距離と中心から太陽系までの距離を描いた絵(Credit:東北)

関連:すばる望遠鏡を用いた観測で「天の川」の真の境界が明確

画像クレジット:NASA、ESA、J. DePasquale、E. Wheatley(STScI)とZ. Levay
出典: ハッブル宇宙望遠鏡のサイト
文/松村武宏

READ  新型コロナ]世界の感染者2400万人以上、ヨーロッパとアジアの拡散驚くべき - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close