経済

ゆうちょは深刻な「目詰まり」否定引き出し対応気づいた:J-CASTニュース[전체보기]

NTTドコモの「ドコモ口座」を悪用した預金不法引き出し事件はドコモ口座以外のキャッシュレス決済サービスも否定引き出し “足場”と呼ばれていたことが相次いで発覚。 インポートされた被害規模が最大の金融機関は、ゆうちょ銀行ということも分かって問題の本質は、「ドコモ口座」から「ゆうちょ銀行」に移してきた。

ゆうちょ銀行口座を現金なし決済サービスにひもで約550万人の口座への不正引き出しがあることを確認を要請したが、再び日本郵政グループの企業体質が要求される事態となっている。

  • ゆうちょ銀行の公式サイトでは、不正引き出しの問題を確認を呼びかけている。

  • ゆうちょ銀行の公式サイトでは、不正引き出しの問題を確認を呼びかけている。

情報公開の姿勢

「少しでも早く公表しなければならないという点は反省して深さ謝る。 ” ゆうちょ銀行池田憲人社長は2020年9月24日に開かれた記者会見で、同行の口座からの不正引き出しのお客様の申告が380件、約6000万円に達することを明らかにして公表遅延を陳謝。 また、同30日には、さらに約60件、約220万円の被害申告があったと発表した。 預金口座を持っている人が知らないうちに口座と現金なし支払いサービスがヒドロキシつい預金を無断で引き出している被害は、公開された情報は、ゆうちょ銀行の口座が最大である。 さらに、ドコモ口座の被害が発覚した当初、ゆうちょ銀行は、情報公開に消極的であった。

ゆうちょ銀行ドコモ口座以外にも同様の被害が起きていたことが明らかにされたのは、同15日高市早苗総務大臣(当時)が、各後の記者会見で明らかにしたのがきっかけだった。 その4日前同11日にはゆうちょ銀行も含ま日本郵政グループ4社のトップが記者会見を無断販売の問題をもとに自粛していた保険営業の再開を宣言した。 その場でゆうちょ銀行池田社長は記者の質問にドコモ口座以外の被害に言及することはなかったが、実際にはこの時点で、総務省の被害を受けて池田社長本人も把握していた。

「また、郵政グループまたは… “

24日の記者会見で、11日にドコモ口座以外の被害に届かなかったことを問われた池田社長は「ドコモ口座に関する質問だった」と信じられないほど解明をしている。

不合理なことは、経営陣の対応にない。 高市さんが被害を暴露した日の翌日16日慌てゆうちょ銀行は、記者会見を開き、被害状況を説明した。 この18日までに発表した被害額は137件、2205万ウォンだった。 しかし、これは2020年1月以降のものに過ぎず、24日に発表された被害は17年7月から19年末までに約150件参加したのだ。 このうち50件は補償を完了し、18日現在担当部署は把握していたが、上部に報告していないわけだ。 24日の記者会見で、池田社長は「目詰まりがあった」と組織の情報共有に問題があることを認めた。

悪いのは現場が上司に報告する構図は、日本郵便とかんぽ生命に長い行われていた保険の不正販売の全貌が明らかになるまで年月がかかった場合と似ている。 情報セキュリティへの対応が甘かっただけでなく、コーポレートガバナンス(ガバナンス)にも課題が残って改めて認識された日本郵政グループ。 どこかで「また、友情?」と不合理な音が聞こえてきそうだ。

READ  ヨーロッパでToshibaユニットハッキング、大企業の戦略的検討進行

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close