より多くの女性大学。 COVID危機の中で、教養より科学を好む日本の試験受験者

Estimated read time 0 min read

国立大学入試センター職員が2022年9月26日、東京目黒区で2023年1月大学入試統合試験支援書を確認している。 (毎日/長谷川直明)

コロナ19危機が長期化する中、大学の理科医学科が就職準備で若者に有利であるという理由で志願者を集めた。 今年日本全域の女性受験生の間で特に目立つ傾向だ。 毎日新聞が日本大学入試専門家に現状をどのように見るか尋ねた。

1月14日と15日に予定された今年大学入学標準公募試験に支援した人はすべて51万2581人で昨年より1万8000人ほど減った。 この試験は、国立、市立、私立大学と2年制大学を含む合計870の機関の入学に使用されます。

ベネセコーポレーション教育情報担当谷本裕一郎代表は「(受験生の間で)景気後退傾向が理工系列人気につながったのはリーマンショック(2007~2008年のグローバル金融危機)の時に現れた」と話した。 センター。 センターが2022年11月に予定された標準化試験のために、スンデ大学入試準備学校と共同で模擬試験を実施し、受験生に専攻選択について質問したとき、就職や資格取得に有利とされる理科学科を多く指名しました。 コロナ19で誘発された景気後退を背景に証明書。

医療関連学科が特に人気がありました。 医大・看護隊志望生だけでなく、製薬学と進学を希望する人も増えた。 ワクチン開発が注目を集めたからだろう。

谷本氏は「特定の職業分野への関心が高まったことがコロナウイルス危機の特徴だと推測できる」と説明した。

2022年10月大学入試準備 学校川宿教育機関で実施した模擬標準化試験で約24万人の受験者データから私立大学志願者(前年比3%減少)が「生活、」医学、獣医学、生物学的生産及び応用生命科学科同じすべての分野で前年度の応募者数を超えました。

一方、入学後留学が予想される外国語、国際関係などの教養及び人文系列は下落傾向を示した。

1月14~15日、模擬試験の受験者の85%を占める高3高3学生は、中途に落ちた高校1年生秋に大学入試の進路を選択した。 感染症の。

川宿教育研究開発本部のコンドミニアムオサムシニア研究員は当時、ワクチン開発と医療分野が公益でしたが、海外旅行に対する厳しい制限により留学見通しが見にくく、これらの要因が学生の進路選択に影響を与えました。

女性志願者の好みの変化も人文科学中心の傾向に一役買ったと見られる。 私立大学進学希望者のうち医大進学希望者は前年比9%増加したが、女性受験生に限って増加率は13%に達した。 その他の科学・医療分野では、獣医学は女性受験生のうち21%増加(男女志願者のうち16%増加対比)、応用化学は女性志願者の7%増加(1%増加対比)全体)、電気・コンピューター科学は全体的に変化がありませんでしたが、女性受験生の場合は17%増加しました。

一方、外国語学科は女性志願者のうち15%減少(全体13%減少)し、国際関係学科は女性志願者が10%減少(男女共に9%減少)した。 これまで女子学生が支援してきた留学生が多い学科の場合、志願者が全体的に減った。

(日本語原文利用号東京市ニュース部)

READ  英国ブザーカメラとダッシュカム、ビデオで流星をつかむ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours