経済

より多くの移住者を秘密に流入させる

NSアケウチマサノブ 「注文すると、定時に到着し、コンビニに行くと安くて良い食べ物があります。 これはすべて外国人が稼ぐことです。」 日本全域で、外国人は農業から小売業に至る産業の核心です。 ベトナム語は米国の畑と北海道の工場で見ることができます。 東京コンビニエンスストアの中国人とウズベキスタンの男性カウンター。 群馬では、ネパール人の従業員が旅館の老齢化された飼い主が運ぶのを助けます。 布団。 従業員55人のうち1人が外国人である福岡の弁護士である竹内は、2009年の204人のうち1人から2009年の204人のうち1人に増加した「彼らは日本の利便性というホイールに油を塗る労働力」と言います。

日本には移民政策が欠けているかもしれませんが、多くの部分が秘密になっています。 外国人労働者の数は低い基盤でしたが、10年ぶりに3倍になりました。 しかし、ビザの満了で拘禁された33歳のスリランカ女性Wishma Sandamaliが今年死亡したと見られ、このシステムは虐待でいっぱいです。 感染症は役に立ちませんでした。 国境管理のため、何千人もの人々が海外に足を結んだ。 政府は、低熟練労働者の永久滞在を許可できると暗示したが、広範な改革の原因を受け入れなかった。

地元の指導者たちは、日本への固定観念よりも外国人にもっと開放性を表明しています。 島国 (島国)が提案する。 秋田県知事の佐伯ノリヒサは、「海外から来た人々を含む、現地外から人々を引き付けることが新しい視点をもたらすことが重要です」と言います。 小池知事は「背景の異なる人が東京をより魅力的にする」と語った。 米国市場の伊藤和さんは、「彼らが誠実で良い人なら、彼らが来るのを心配しません。 彼らに土地を与え、ここに住んでください」と言います。 「あなたがどの国から来たのかは関係ありません。私たちはみんなサルの子孫です」

未来志向のビジネスリーダーはこれに同意します。 Fast Retailingの創設者であるMr Yanaiは、「今はより良い移民政策を定義する時です。 飲料会社であるサントリーの社長である日奈美武志氏は、先進技術の人材を引き付けることが将来の競争力の「核心」であると述べています。 野田聖子、 自民党の進歩的な方は「日本は日本人のための国」という考えを終えることを考慮する時だと言います。 大衆はますます外国人に開放されています。 おなじみが役立ちます。 2019年には、ほぼ3,200万人の外国人が日本を訪れましたが、これは10年前の700万人未満から増加した数値です。

しかし、「地方政府ができることには限界があります」と富山知事である日多八郎は嘆きます。 企業は独自の言語教育と社会統合を処理する必要があります。 多くの外国人が必要な支援を受けていません。 神戸市長である久本喜三氏は、政府が「外国人に門戸を開けておいているが、日本を「移民国」に指定することは拒否する」と述べた。 選択が与えられると、有権者は移民のリスクが利益よりも大きいと判断することができます。 しかし、率直な国家的な議論はすでに長い間行われています。

この記事は、「Letting them in」というタイトルの下の印刷版の特別レポートセクションに掲載されました。

READ  新しいラウンジウェアラインとして、日本の主要なプラットフォームと地域の衣類のビジネスコラボレーション

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close