エンターテインメント

よろく:80年が過ぎた今でも真珠湾対応で多くの教訓を得られない



「世界は完全に変わりました。今の時代は(以前とは異なり)途方もなく断ち切られました。昨日は遠い過去のように感じられます。」 妻が死ぬまでの関係をテーマにした作品集「千恵子」で有名な詩人高村康太郎(1883~1956)は、日本が宣言した1941年12月8日、自分の感情をこう表現した。 アメリカとイギリスに対する戦争。 中日戦争の渦に包まれた日本の憂鬱な雰囲気を追い出すような強大国に対する挑戦的な態度だった。

もちろん全く違う反応を見せる人もいた。 当時、米国の配給会社で働いていた映画評論家の淀川長春(1909-1998)は、新聞エクストラを見た瞬間を回想し、「「あ、いや」と思って本能的な反応が私の体を貫通した。日本が負けると思った」と言った。

太平洋戦争の勃発に応じて書かれた有名な単価市の一つは、当時東京帝国大学(今の東京大学)の総長となったなんばらシゲル(1889-1974)が編纂したものです。 詩は「常識にずれずに学食にずれることが起きた:日本は世界と戦争中」だ。

だから誰が「大変だった。日本の悲劇的な敗北を予感しているんだ」と厳粛な表情で言ったのか? 河野江文夫(1891~1945)元首相は、米国との交渉で進展を成すことができず、2ヶ月前辞任した。 彼は日本のフランス領インドチャや侵攻を監督した人で、米国が日本への石油輸出を禁止し、両国間で戦争の道を開いた。 1940年、河野には米国が敵対行為で受け入れた日本、ドイツ、イタリアの三国条約を結んだ人でもある。

もう一つの人物は、この三者合意を太平洋戦争が勃発した時、「人生最大のミス」と嘆いた。 協定締結当時の外務大臣である松岡洋介、1880~1946が条約の中心的役割を果たした。 彼の目的は、アメリカが戦争に参加するのを防ぐことでした。 彼は涙を流し、知人に「意図と全く違うのに、このように死ぬことになったのが残念だ」と話した。

日本の初期勝利で世論が沸騰し、米国映画専門家の敗北予告、常識と理性を超越した政府の決定に精神が売れた学者、日本の道を磨いた関係者たちの憂鬱な発言が相次いだ。 戦争に。 太平洋戦争が勃発してから80年が経った今、まだ学ぶべき無限の教訓があります。

(毎日新聞1面コラム「よろく」)

READ  ブライトンミラクル:勇敢な花の妖精がTem-pestuousドラマで屠殺されました

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close