わくわく日本、2022年4月台湾サービス終了

1 min read

台湾、12月29日(CNA)アジアの海外視聴者に日本番組を放送する日本有料テレビチャンネルWakuwaku Japan(WWJ)が2022年4月台湾で運営を終了すると、台湾の最高通信及び放送規制機関によると。

NCC(National Communications Commission)は、水曜日のWWJから2022年4月1日、台湾で放送サービスを中断するように申請書を受け取ったと明らかにした。

NCCによると、申請書は将来の参照用にのみ提出され、NCCの承認は必要ありません。

WWJは2016年9月に台湾で放送され始め、一部の日本語プログラムは中国語繁体字幕とともにほとんど元の日本語で1日24時間放送されますが、一部は中国語でダビングされました。

このチャンネルは、Kbro、中国ネットワークシステム(CNS)、台湾ブロードバンド通信(TBC)を含む台湾の5つのマルチケーブルテレビシステム事業者、Net Wave Cable Systems、Peicity Digital Cable Televisionなどの独立系システム事業者によって行われています。 清華テレコムのオンデマンド映像サービス。

WWJが台湾市場から撤退した後、これらのケーブルシステム事業者はケーブルテレビチャンネル割り当て方式の変更を申請することが予想されます。

WWJの申請は、ディズニーチャンネルが8月に台湾で26年ぶりに、2022年1月1日に台湾で運営を終了すると発表してから数ヶ月ぶりに出たが、チャンネルがDisney+ストリーミングサービスに置き換えられると付け加えた。

(Szu-yunとEvelyn Kaoによる)

Enditem/HY

READ  ウズベキスタン、2050年までに世界的なカーボンニュートラルの競争に参加
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours