スポーツ

アイスホッケー| スマイルジャパン、世界女子選手権8強進出

~~

日本の革新がコロナウイルスに対応するための新たな技術を開発しています

スマイルジャパンは8月26日(木)アルバータ州カルガリーで行われた女子アイスホッケーの世界選手権大会で久保かにと山下光のゴール、ドイツを2-1で破り、8強に進出して歴代最高記録(3-3)で仕上げました。 1)トーナメントで予選プレイ

日本はグループBの2位(勝ち点9)で、デンマークとハンガリーを下して決勝8強に進出しており、8月28日、ディフェンディングの世界であり、オリンピックチャンピオンである米国との試合で1勝1敗を記録した。 :現地時間午後30時(8月29日JST午前4時30分)

米国との対決は、2019年フィンランドの世界選手権8強の再対決になります。

ディフェンダー訴え山田あかね 日本のフォワード 彼女はチームメイトが、今回は、米国に多くの戦闘を提供すると確信しています。

訴え山田(Hosoyamada)は金曜日の電子メールで、「8強に進出するようになっとても嬉しくうれしい。 「私たちは、フィンランドで行われた2019 WWCで、米国との戦いをしました。 私たちは、4-0で敗れたわずか数回の機会や、さらに得点をしただけです。 しかし、それ以来、私たちは、他のチームであり、より多くの機会を得て、その機会を活用することを希望します。」

訴え山田監督はスマイルジャパンが勝ち点9で3-1でA組2位を占めた米国と手を握ると認めた。 米国の唯一の敗北は、カナダに5-1で敗れました。

訴え山田は「私たちは、略なので、私たちが持っているすべてのものを捧げるだろう」と述べた。 「それはまた、私たちがそれらを最後に直面して以来、私たちがどのよう発展したのかを見ることができる良い機会になるでしょう。」

日本が初めて準決勝に進出するには、スピードとチームワークが引き立っなければならない。 Yuji Iizuka監督はIIHF.comに自分のチームがドイツとの試合で逆転勝ちを収めることができていることを示したと言いました。

Iizukaは「最初のピリオドにゴールを決めたが、第二のピリオドで同点を記録した後、勢いを得たと思います。」と言いました。 「それが私たちの鍵でした。 初ゴールを入れると勝つことができると信じていた」と述べた。

ドイツを破って、このゲームの選手に選ばれたフォワードどこ遥は、日本がより大きな敵に適応するのに時間がかかったと認めた。

Tokoは、日本アイスホッケー連盟のフェイスブックページの「最初のピリオドにはドイツの選手たちの体力的に苦労したが、第二ピリオドでは、私たち自身のペースで試合を発展させることができました。」と言いました。

大会に先立ちアルバータ州バンフ出身の訴え山田は、次の質問に答えた。 日本のフォワード 今後のイベントについて。

Syracuse Universityから大学生に活躍したHosoyamadaは久しぶりに故郷の地方に戻ってきても良かったと言いました。

訴え山田は「私アルバータ州に最後に行ったのが2年前だったと思います。 「ここでこのように長い間離れて見たことがないと思います。 おなじみの場所に戻るということは、本当に良いことです。」

カナダの到着時検疫

日本チームは、現地の保健プロトコルに基づいてカルガリーに到着するとすぐに分離する必要がしたが、Hosoyamadaは、チームが世界大会を準備するために懸命に働くために邪魔にならない言及しました。

訴え山田は「ホテルで5日程度隔離し、残りは厳重な泡の中にあった」と述べた。 「毎朝ストレッチ/ウェイトトレーニング、水袋訓練、自転車運動の3つのトレーニングセッションを行いました。 そのようなトレーニングセッションを持つことは、一日を過ごすために本当に役立つされ、私たちを続ける積極的に維持した。 “

訴え山田は、世界でながら、チームの雰囲気が明るかったと述べた。

「非常に肯定的です! 私たちには、エネルギーとときめき、そして期待があります。」と呼びかけ山田が言いました。 「試合が始まることを心待ちにし待っております。 私たちの目標は、メダルラウンドに行くことです。 オリンピックでのメダルを取っには、まずここの世界ではメダルを得なければします。 大きな足がかりだ。 “

この大会は、昨年にキャンセルされたが、今年二回延期されて、最終的に開催された。 残念な遅延にもかかわらず訴え山田はスマイルジャパンが用意されていると主張しました。

訴え山田は「もちろん、多少の不満もあったが、今後さらに期には不安定な環境であることを理解したと思います。」と言いました。 「最も重要なのは、世界が煙なろうがしまいが、我々は試合の準備がされているし、これは我々が軌道を維持するのに役立ちたということです。 意欲が不足時もあったが、チームのメンバーが応援してくれて継続推進した」と述べた。

訴え山田は北京オリンピックが5ヶ月後に迫った状況で、2018年の平昌で6位をした後、チームが大きく考えてと言いました。

訴え山田は「言葉は確かにメダルを取るだろう」と述べた。 「私たちは、それが到達することができると信じて、それを達成するために最善を尽くします!」

著者:ジャック・ギャラガー

著者は、ベテランのスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケートの専門家の一人です。 ルック Jackの作成者のページの記事やポッドキャスト、 ここ、彼を見つけよう ツイッターで @sportsjapan

READ  藤川演説松坂に「目標にいてくれてありがとう」 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close