スポーツ

アイゼンハワーカップ:World Amの開幕戦でピノイが揺れます。 日本、速い一歩を踏み出す

マニラ、フィリピン – Carl Corpusは、ルゴルフナショナルで暫定的に率いる世界のアマチュアゴルフチームチャンピオンシップで間違った出発で8オーバー150打に突入し、ホール後半の事故で2アンダーカードを犯し、73打を打った。 水曜日フランスで日本。

コーパスは、Aidric ChanとJet Hernandezがパー71レイアウトの挑戦に屈し、それぞれ77と79で止まった後、家に帰る途中で2つのフロントサイドバディでフィリピンのプレーヤーのために一日を節約することを望んでいました。 しかし、彼は7番ホールでビューを行い、パー3 8番ホールで2打を落とし、パー5ホール9番ホールで別のビューにホールアウトして38-35打を記録した。

Hernandezは後ろから3つのビューの開始から回復することに失敗しましたが、Chanは5つのホールでビューバディラウンドでCorpusに必要なバックアップを提供しようとしました。 しかし、彼は15番と18番のホールでビューにかかって転倒し、4番ホールでダブルビューを含む全面7ホールでより多くの打手を記録した。

Chanは40勝37敗で8回のバディを記録し、これは2014年日本で開かれたビエンナーレイベントで47位という低い順位を記録したチームのためのものです。

しかし、71人のフィールドで共同62位のフィリピンは、アイゼンハワーカップで希望の結果を得るには、次の3ラウンドで多くの追求をしなければなりません。

Pinoysは2ラウンドプレイのために72 St。 Nom La Bretecheに行きます。

エルナンデスは18番ホールでバディを捕まえて38打をセーブしたが、2番ホールで2打をあきらめ、次の2ホールを見る前に3打2打から79打を記録して掘った。 先週Espirito Santo Trophyで30位を占めるために相手チームも狙ったカウント形式イベントです。

一方、日本はセミカとタイガと岡田コヘイがそれぞれ5アンダーと3アンダーを投げ、セント・ノーム・ラ・ブレッツェで7ホールを終えた直後、8アンダー派の猛烈な合計で最初の18ホールを制覇すると脅した。

日本は朝の波で他のコースで合計7アンダー波と一致するオーストリア、フランス、ドイツより1打先にありました。

Chris BleierはSt. Nom La Bretecheでワシの助けを借りて68打、Max Steinlechnerはオーストリアで69打を記録しました。 Martin CouvraもLGNでイーグルで67打を打ち、Julien Saleは開催国で68打を記録しました。 ドイツはまた、Le Golf NationalでJonas Baumgartnerの6アンダー波65打とAnton Albersの70打を記録し、共同リーダーを獲得しました。

READ  ガンバ、宮本チュネヤス監督を解任

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close