経済

アウディ、フィリップノアック社長がV型8気筒600PSの新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」「RS Q8」を日本初公開

「RS Q8」などを日本初公開したアウディジャパン株式会社代表取締役社長フィリップノアック氏

アウディジャパンは、11月28日、SUPER GT最終戦を開催中の富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)でのレース部門であるアウディスポーツ(DTMとフォーミュラEなど参戦車両とFIA GT3などの顧客レーシングカーを開発、製造、販売している子会社)が開発した新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」フルサイズSUV’Q8」で初RSモデルである「RS Q8「国内初披露を行なった。

記者会見に登壇したアウディジャパン代表取締役フィリップノアック氏は、「アウディのブランドメッセージは、「FUTURE IS AN ATTITUDE “(筆者注:公式の理由は、「未来は思いますか?」「将来は人の思いのまま変わってくる」という意味)で持続的な成長、デザイン、デジタル性能を4本の柱としている.RSは、その中でも特に性能に焦点を合わせた製品だが、同時に細部とデザイン、性能も365日、いつでもすべての状況で発揮できることを目指しとしている」とし、性能面に特に焦点を当てた製品がRSで、今回導入された新型「RS 6アバント」新型「RS 7スポーツバック」、「RS Q8」もそのような車を必要とするユーザーを満足させる性能を有してと紹介した。

アウディスポーツの開発の新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」「RS Q8」を紹介

SUPER GT最終戦富士決勝レースは20番目から始まる21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS。社長から直接ポイントを獲得圧力

SUPER GT第6戦鈴鹿で優勝した一ツ山レーシングを紹介するノアック社長

最後に、ノーアック氏が再び登場してSUPER GT / GT300に参戦している「Hitotsuyama Racing」のメンバーを紹介した。一ツ山レーシングは21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/コンドミニアム翼組、YH)を走らせし、チーム代表一ツ山リョウ氏ドライバ川端伸太朗選手、近藤翼選手3人が壇上に上がった。

オールシーズン21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSは第6戦鈴鹿でチームは4年ぶりに優勝して優勝を祝う行事が開かれた。

21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS(川端伸太朗/コンドミニアム翼組、YH)

チーム代表一ツ山氏は、「今日、20位に終わった予選は満足していなかった。過去鈴鹿で優勝したとき、あきらめずなんとか勝ちたい気持ちを継続することにより、優勝することができた。必ず反撃いいところが終わるようにポイントを獲得することに言葉にする」と決勝に意気込みを語った。

その後、ノアック社長」幸運を。圧迫よう申し訳ありませんが、ポイント獲得を期待している」と社長自らの発言で会見を終えた。

READ  ★今日の[강추 결산]ワコム、TDKレーザーテック(10月30日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close