経済

アウディ、新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」を発表マイルドハイブリッドを備えたV8 4.0ツインターボ搭載

新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」を追加設定

アウディジャパンは、11月28日高性能シリーズのRSモデルに高性能ステーションワゴン」RS 6アバント」とプレミアムスポーツ4ドアクーペ ‘RS 7スポーツバック」の新型2車種を設定して2021年1月以降に販売を開始する予定だと発表した。 価格はRS 6アバントが1764万円、RS 7スポーツバック1799万円。 ステアリング位置は、左/右を設定する。

RSモデルは、アウディの高性能モデルを扱うAudi Sport GmbHによって開発された高性能シブ仕様。 RS 6アバントおよびRS 7スポーツバックは、光沢のあるブラックの3Dハニカム構造のシングルフレームグリルを採用し、大きく張り出したフェンダーから「quattro」4輪駆動であることを思い出させている。 これらはじめフロントドア、ルーフ、テールゲートなどを除いて、体外板の多くのRSモデルのみのデザインになっている。

インテリアは両モデルともバルコナレザーのSスポーツシートを採用。 大型アルミシフトパドルと多機能ボタンが設置されたヒーター機能付き3スポークステアリングホイールなどスポーティさとプレミアムを高めた。

新型RS 7スポーツバック

パワーユニットは、両モデル共通で、最高出力600PS、最大トルク800Nmを発生するV型8気筒4.0リッターツインターボエンジンを搭載して変速機8段ティプトロニックを組み合わせ48Vマイルドハイブリッドとシリンダーオンデマンド(cod)を採用して効率化を図っている。 駆動方式は、「quattro」フルタイム4輪駆動でセルフロッキングディファレンシャルを搭載するとともに、リアスポーツディファレンシャルを標準装備している。

サスペンションは、よりスポーティなチューニングを実施した「RSアダプティブエアサスペンション」を採用。また、コイルスプリングとダンパーコントロールサスペンション」ダイナミックライドコントロール」(DRC)を組み合わせた「RSスポーツサスペンションプラス」がオプションで選択可能。DRCは、それ自体の油圧システムを統合し、コーナリング時のロールや急加速、急速時のピッチングを抑制して乗り心地を損なうことなく、ダイナミックなハンドリングを実現している。

また、状況に応じて後輪を最大5回前輪と位相に操舵して低速走行時には、キャッチ性能、高速走行時には、同位相でステアリングの応答を増加する4輪操舵システム、オールホイールステアリング、RSモードとドライブセレクトを標準装備してている。

最新のデジタル技術と安全技術として10.1インチと8.6インチの二つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスで構成されインフォテイメントシステムを採用しており、Bang&Olufsen 3Dサウンドシステムを標準装備。 また、アダプティブドライブアシストとアウディフリーセンスシティアウディサイドアシストなど、様々な先進的な運転支援システムを備えている。

READ  みずほFG証券部門今期経常利益1300億円と過去最高に - 環境追い風 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close