アジアの暗い年に日本のプライベートエクイティ取引が急増

Estimated read time 1 min read

ベーンによると、日本のプライベートエクイティ関連取引は昨年急増したが、これは低い金利と豊富な目標物供給によって日本がアジア太平洋地域で成長を遂げることができる唯一の市場になったためだ。

去る月曜日、日本の取引価値は2018年から2022年まで年平均に比べてほぼ3倍増加して183%増加したと月曜日に発表された報告書によると。 これに比べてアジア太平洋取引は同期間35%減少し、2014年以降最低値を記録した。

ベインAPACプライベート・エクイティ・セクターの共同代表であるセバスティアン・ラミは、「企業が株主価値を改善しなければならないという圧力に直面し、企業の売却や非上場転換のために買収会社と協力する意志が高まり、日本の勢いは2024年まで続く。と予想される」と述べた。 。

ラミはインタビューで「私たちは金利を超えてより広い文脈に日本を置かなければならない」とし「これは多年の傾向」と話した。

国内の活発な取引現場は全世界的にプライベートエクイティが直面している不振な状況と正反対です。 世界中の中央銀行が金利を引き上げ、投資家の食欲が萎縮するにつれて、そのセグメントの全体的な取引価値、出口、および資金調達が減少しました。

2023年の日本で目立つ取引としては、2兆1千億円(140億ドル)規模の東芝買収と富士通のチップパッケージング子会社Shinko Electric Industriesを47億ドルに売却することがあります。

日本は依然として挑戦に直面しています。 レポートによれば、プライベートエクイティ会社は、市場で成功するために現地の人材を雇用し維持しなければならず、為替レートの変動も考慮すべきリスクとして強調されています。

READ  Netflix、ユーティリティ連携で日本の農村地域の成長動力の確保
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours