理科

アジアは気候、ウクライナは福島の記憶を追放して核を行く原子力エネルギー

台湾台北とマレーシアのクアラルンプール – 福島事故で原子力発電に対する信頼が崩れてから10年余りが過ぎた今、アジアは原子力ルネサンスを経験しています。

中国から韓国、日本に至るまで、アジア諸国は加速する気候危機により低炭素エネルギー源に戻っています。

日本は2011年の災害以来アイドル状態だった原子力発電所の再稼働を開始し、岸田文夫首相は、増加するエネルギー需要を満たすために北部冬まで最低9つの原子炉を稼働すると約束しました。

韓国で新たに選出されたユン・ソクヨル大統領が2基の原子炉建設を再開し、すでに稼動中の原子炉の寿命を延長した。

福島原発事故以後1年間、新規原発の停止を宣言した中国は、建設中または計画中の原子炉が少なくとも52基で、他の原子炉を合わせたものより150基以上多い。 産業を代表する原子力協会。

インドとパキスタンはすでにかなりの規模の原子力容量を拡大するという野心的な計画を持っており、ここ数ヶ月間に事業を開始したり、新しい原子力プロジェクトに着工した。

アジアの反核感情が最も確固たる台湾でさえ、一連の停電と自治島の将来のエネルギー安全保障に対する懸念が高まり、抵抗が和らげるのを見ました。

ヨーロッパの記録的な爆発やウクライナ戦争を含む極端な気象現象は、この地域の将来の繁栄のためにクリーンで豊かなエネルギーを確保する必要性を強調するにつれて、核復活は優先順位の劇的な変化を示しています。

アン・セヒョンソウル大エネルギー安保戦略研究所所長は「天然ガス価格が史上最高値を記録しながら停電とエネルギーインフレから抜け出す最速の方法は原子力だけ」と話した。 ソウルはアルザジラに語った。

2011年、福島原発事故によりアジア地域で反核感情が急増しました。 [File: Jo Yong-Hak/Reuters]

福島の前に、原子力は一般に化石燃料よりもはるかに少ない炭素を生産し、風力、太陽熱、石炭、ガスよりも安定した出力を提供するにもかかわらず、この地域では議論の余地はありませんでした。

不良部品の発見から緩やかな検査や企業の不正行為まで、さまざまなスキャンが業界のイメージを傷つけました。

使用後核燃料のリサイクル技術はまだ初期段階にあるため、核廃棄物の貯蔵は政治的、環境的悩みのままであり、新世代原子炉の安全性が発展しているにもかかわらず、核溶解の亡霊は大衆の想像の中で大きく困難です。

韓国と台湾でも、原子力発電は過去の権威主義政府との長年の関係と交わらなければならず、これは民主主義を助けた左派政党たちに不利に作用した。

原子力エネルギーは、炭の10分の1程度しか炭素を生産しないと推定されていますが、一部の環境活動家はまだ太陽熱や風力などの再生可能エネルギーに比べて許容できないほど高い排出量を生成すると主張しています。

ベンジャミンKソバクール教授は、「電気供給時点ではきれいに見えますが、ウラン鉱山、ウラン工場、燃料処理、廃棄物貯蔵などのライフサイクルの他の部分で発生する有害なコストを無視しているため、技術者が好きです」と言いました。 アジアで原子力を研究したSussex経営大学院のエネルギー政策はAl Jazeeraに語った。

「これを考慮すると、一部の原子力発電所のカーボンフットプリントは化石燃料である天然ガスのようなものです」

Sovacoolはまた、彼の研究では、政府の政策をエネルギー効率の向上と建物のアップグレードに集中することが、5つの新しい原子力発電所を建設するよりも優れた費用対効果の高い投資になると提案したと述べた。

彼は「原子力に投資するのはキャビアで世界飢餓と戦うのと同じだ」と話した。

核発電所
アジアの悪化するエネルギー危機により、政府は原子力を再考することになります。 [File: Jay Directo/AFP/Getty Images]

しかし、アジアがエネルギー危機の激化に伴い、政府はますます原子力に注目を集めている。

エネルギー供給の98%を輸入する日本は、液化天然ガス(LNG)への賭けが例外的に寒い冬と記録的な爆炎で試験を受けたため、近年の停電を間近に繰り返し回避しました。 ロシアのウクライナ侵攻は、昨年ロシアのLNGが輸入の9%​​を占めたアジアで2番目に大きな経済でエネルギー安全保障に対する懸念をさらに引き起こしました。

日経新聞が3月に実施した調査で、回答者の53%がアイドル原子力発電所の再稼働を好むと述べた。 2050年までにカーボンニュートラルに到達するための東京の最新の青写真に基づき、北田は日本が原子力を通じて必要なエネルギーの20〜22%を生成すると予想しています。

東京に拠点を置くエネルギーコンサルティング会社であるShulman AdvisoryのCEOであるDan Shulman氏は、福島災害に直面しているにもかかわらず、日本国民はすでにエネルギー価格の上昇と不安定な電力供給の影響を感じ始めていると述べた。

ShulmanはAl Jazeeraとのインタビューで、「私たちが停電危機に瀕しており、誰もが電力を節約しなければならないと正式に政府が発表したのは、福島事故の直後から初めてです」と述べた。

中国は、2025年までに原子力生産量を40%から70ギガワットに増やし、世紀半ばまで世界の残りの国を合わせたより多くの原子力発電所を保有する計画で、この地域の原子力復活の最大の要因でした。 世界原子力協会(World Nuclear Association)によると、2011年から2021年の間、国家は原子力生産量を約400%増加させ、世界に追加された68の新規原子力発電所のうち39を建設しました。

政権共産党にとって、原子力は気候とエネルギー安全保障の問題だけでなく、世界最悪の大気汚染を軽減することを約束します。 中国は現在、世界最大の石炭消費国として2021年のエネルギー需要の56%を供給した。

石炭への中国の依存度は、原子力が直面する最大の問題の1つである作動発電所を建設するための長いリードタイムを強調しています。 原子炉は通常稼働するのに少なくとも10年かかり、潜在的に規制または政治的承認を得るためにさらに数年が必要になる場合があります。

前景に中国国旗が広がる中国原子力発電所。
中国は世紀半ばまで世界の残りの国を合わせたよりも多くの原子力発電所を保有すると予想されている。 [File: Carlos Barria/Reuters]

一方、国はエネルギー需要を満たすために「スイング燃料」が必要です。 オックスフォードエネルギー研究研究所の上級研究員であるフィリップ・アンドリュース・スピードは、中国ではそのオプションは石炭だと述べた。

Philip Andrews-Speedは、Al Jazeeraとのインタビューで、「石炭は非常に急速にオンになって再びオフになる可能性があります。

海外での事業野望も原子力産業の復興に影響を与えました。

韓国のユン代表は2030年までに10の発電所を他の国に売ると約束し、原子力技術輸出の経済的潜在力を指摘した。

韓国はこれまでアラブ首長国連邦で原子炉のみ建設したが、2030年までエネルギーミックスで原子力の比重を30%まで高めるという公約を含め、国内産業の復活は世界原子力協会(World Nuclear Association)のシニアコミュニケーション管理者であるJonathan Cobbは言った。

「韓国の政策転換は非常に迅速に行われました。 韓国のエネルギー安全保障とNetZeroの役割だけでなく、原子炉輸出国としての機会も考慮しながら原子力を成長させる約束があります。

「他のサプライヤーと一緒に韓国を検討している可能性がある国の場合、韓国が運営中の技術を維持するだけでなく、自社建設を続ける場合でも韓国が技術を維持するとより安心できます。」

表彰台で演説するユン・ソクヨル。
ユン・ソクヨル大統領が前任者の脱原発計画を撤回した。 [File: SeongJoon Cho/Bloomberg] (ブルームバーグ)

台湾では、原子力に対する確固たる大衆の抵抗が和らぎ、2018年国民投票で島の原子力施設閉鎖計画を廃棄することにしました。 島の腐った4次原発建設再開の可否を問う国民投票が通過できなかった。

台湾の執権民主人民党は正式に原子力に反対し、2025年までに原子力使用を廃止しようとしているが、批判論者たちはその立場が島のエネルギー需要を考慮していないと述べています。

日本と同様に、台湾もLNGに大きな投資をしています。 台北は2025年までにLNGで必要なエネルギーの半分を確保する計画です(昨年の36%から増加)。 同時に、石炭への依存度も減らす計画です。 輸入エネルギーへの依存は、中国に対する台湾の脆弱性を悪化させる。

「彼らは兵士を送る必要はありません。」 台湾の国立清華大学原子力工学および科学研究所の教授であるTsung-Kuang Yehは、Al Jazeeraに語った。

「彼らはミサイルを発射する必要はありません。 彼らは台湾へのすべてのLNG出荷をブロックするだけです。 十分です。 そして座って待ってください。」

日本北海道トマリ原子力発電所。
原子力エネルギーはアジア、ヨーロッパ、北米で新たな関心を集めています。 [File: Reuters/Kyodo]

アジアの原子力ルネッサンスは、他の地域でもエネルギー源が2050年までに純排出ゼロに到達するための世界的な努力の一部になるようにする動きによって行われます。

米国では、Joe Biden大統領は、コストの上昇に苦しんでいる原子力発電所を支援するために60億ドルのプログラムを開始しました。 今月初め、欧州議会は、持続可能なエネルギー源の「グリーンエネルギー分類」に原子力を含めることを投票した。

世界原子力協会(World Nuclear Association)のコーブ広報担当者は「過去10年間、東アジア地域で原子力発電が2倍以上増加した」と述べた。

「地域の原子力発電を利用するすべての国は異なっているが、全体的な傾向は当初は温室効果ガスの排出量を削減する約束によって導かれ、最近では供給セキュリティを改善し、ますます高価な化石燃料輸入から転換する必要性によって主導されました。」

READ  1994年以来、28兆トンの氷が溶けて、最悪のシナリオで進行中

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close