スポーツ

アジアカップ:日本がインドを5-2に折り、サダーシン監督が率いるチームが出口を眺めている

今回の敗北後、インドのチャンスは、昨日の試合でインドネシアに勝利を勝ち取っても予選に十分ではない可能性があるため、ひどく窮屈になるでしょう。

今回の敗北後、インドのチャンスは、昨日の試合でインドネシアに勝利を勝ち取っても予選に十分ではない可能性があるため、ひどく窮屈になるでしょう。

新しい姿のインドチームは、火曜日ジャカルタで開催された男子アジアカップホッケー選手権A組リーグ競技でアジアチャンピオン日本との試合で5-2に勝ち、経験不足と放蕩に対する対価を得た。

開幕戦でパキスタンとの試合で引き分けを記録したインドは最後の試合でインドネシアを相手に大きな勝利を収めても本選進出に失敗することができ、今回の敗北後の機会が大きく萎縮するだろう。

日本は長吉健、川部小成(2回)、大岡良美、山崎浩二がゴールを決め、インド人はパワンラズバとウタムシンがゴールを決めた。

しかし、若い選手はより組織的に見え、カウンターで反復的にインドを襲った日本を相手にすることはできませんでした。

2人の先輩であるBirendra LakraとSV Sunilは、全盛期を過ぎ去ったように見え、彼らのパフォーマンスに顕著な違いを生み出さなかった。

インドの主張であるLakraは、「最初の2クォーターはリズムに乗ることができなかったため、非常に大変でした。

「最後のクォーターで、私たちは守備構造を失い、いくつかのゴールを決めました。また、私たちは2人を失い、それがうまくいきました」とLakraは付け加えました。

20歳のKarthi Selvamがタップインのためにスティックを置くのに、数インチの足りないベテランSV Sunilのために左側に1インチの完璧なクロスを維持したとき、インドは前半から5分で前進することができました。

1クォーターは、新人インド選手がプレイ段階で多くの所有権を失いながらミッドフィールドを掌握しようとするすべてだった。

しかし、喜んで日本選手たちは一度のペナルティキックコーナーを阻止するのにあまりに多くの進出に失敗し、ダイビングをしているインドのスラージカルケラ監督がこれを防いだ。

しかし、後半に中央ミッドフィールダーRaj Kumarが日本のゴールキーパーの山崎浩二(Koji Yamasaki)が防いだストライクサークルエッジでゴールを打ち、インドは恐怖にもボールが「D」の中に隠れていたスニールのブーツを発見した。 ‘。

しかし、インドは最初の火花の後2クォーターに突然没落しました。 日本がアンティを高め、2つのペナルティコーナーをさらに獲得したにもかかわらず、最初はドラッグフリッカーキリシタヨシキの強力なドラッグフリックがうまく倒れてマークを抜け出した。 クロスピース。

しかし、24分に長吉ケンがダイビングスラーズを抜いて強力な斜めドライブでペナルティコーナーを旋回してみんな終わった。

Nilam Sanjeep XessのアシストがRaj Kumarを見つけたとき、同点のチャンスが生じ、彼の逆打ちはゴールキーパーによってブロックされた。

経験不足の衣装の問題は、広い面でゲームを広げるのではなく、主に中央で攻撃する傾向があるということです。

年配のSunilの不快な外出も、インディアンズにとってあまり役に立ちませんでした。 チームは、ゲームの最後の2クォーターの間にカウンターで見事だった日本とは異なり、ペナルティコーナーを得るために圧迫するゲームをする技術が不足しているように見えた。

日本は前半40分、川比小成がインドのミッドフィールダーからボールを​​抜き出して右翼を疾走し、速度を出しているレフトバックディープティルキーを逆襲で2-0にした。

Kawabiが彼のマーカーDipsanとNilamが彼に近づくインドのゴールに向かって背を向けた素晴らしいゴールでした。 ボディペインティングで、カワビは間違った足のゴールキーパーSurajをシャープな角度から家に粉砕した。

インドは、ベテランBirendra Lakraがストライキングサークル近接攻撃の中で強力なアシストを維持した3クォーターの死の瞬間に何かが行っていることを発見しました。 ネットの上端を見つけました。

最後のクォーターはもう一度インディアンスが総力を尽くして48分で得点を許すのを見ました。

1人を除く全ての選手がオーバーラップした状態で、Ryosei Katoが広い右からクロスフィールドパスを受け、慈悲でゴールキーパーSurajと一緒に奥に入り、Ryomo Ookaが開いたゴールを待っています。 加藤はそれを大岡に渡し、大岡はそれを3-1にしました。

しかし、インドはRajbharが右からクロスを送り、Uttam Singhが近い距離でそれをタップして2-3にし、次の動きでタイを作りました。

しかし、インドは、RajbharとKarthiの一時的な中断によって突然の数学的優位性を失ったため、より多くの不幸を経験しました。

ナイン対イレブンは日本が繰り返し右側面を使って攻撃を始めながら一方的な競争になりました。 Koji Yamasakiは、インドのディフェンダーの誰もが右側のクロスを妨げるのを気にせず、54分のタッチでゴールを決めました。

インディアンの抵抗は終わり、5番目のゴールは棺の最後の釘だった。 川部は最初のシュートがゴールキーパーを打ち、55分ホームでゴールを決めた。

READ  フィリピン輸入品の場合は同じ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close