アジア太平洋、世界最大の旅行地域タイトルを失う – KION546

Estimated read time 1 min read

フランチェスカストリート、CNN

アジア太平洋地域は、バリの美しい自然から街の活気に満ちたシンガポールに至るまで、世界で最も愛されている観光地の本場です。 この素晴らしい休暇のホットスポットは、地域のビジネスパワーと協力して、過去10年間にアジア太平洋地域で世界最大の旅行地域であるというタイトルを獲得しました。

しかし、次の目的地と 中国 そして 日本 コビッドへの入国制限を解除するのは比較的遅いですが、アジア太平洋地域への航空旅行は、この地域の感染症以前のレベルと比較して低いレベルを維持しています。

そして 国際旅行産業アナリストの新しいレポート センター for Aviation (CAPA) は、2022年末までにアジア太平洋地域がもはや世界最大の旅行地域ではなくなると予測し、ヨーロッパにタイトルを譲渡します。

CAPAによると、かつてアジア太平洋航空​​交通は世界中の旅客旅行の3分の1以上を占めましたが、この地域の航空はファンデミック以前のレベルに比べて45%減少した状態です。

一方、CAPAは、ヨーロッパの航空旅行が感染症以前のレベルの約85%に回復し、ロシアのウクライナ侵攻の持続的な影響を考慮すると提案しています。

遅い回復

2019年、33億8000万人の乗客がアジア太平洋空港を通過しました。 対照的に、CAPAは、地域の空港を代表する産業組織であるACI Asia-Pacificの現在の予測によると、2022年末までに18億4000万人の乗客がアジア太平洋旅行ハブを通過することを提案しています。

この遅い回復の重要な要素は、少なくともACIアジア太平洋とCAPAによると、中国の「コロナゼロ」国境政策と日本の遅い旅行制限の緩和です。 日本は次のように設定されています。 10月11日観光客に正式に再開場します。

中国と日本の CAPA は、「そこで起こることは、世界の残りの地域に大きな影響を与える」と述べ、これらの地域のうちの 2 つがトップの旅行市場であることを指摘しています。

CAPAは、アジア太平洋地域のほとんどの旅行が、2019年の数値より11%低いインドなどのいくつかの例外を除いて、2019年のレベルより50%以上低い水準を維持していると報告しています。

CAPAによると、アジア太平洋地域の国内旅行は海外旅行よりも早く回復しています。 たとえば、中国国内の旅行は2019年の水準に比べて5.4%減少しました。

全体として、CAPAはアジア太平洋地域が2023年末または2024年初めまでに感染症以前のレベルに完全に回復しないと予測しています。

報告書は「それにもかかわらず、回復は国境を開放し、相変わらず旅行制限を解除する国と広範な経済・力学の状況に依存している」と説明した。

CAPAは、旅行の回復を支援するために「国際旅行規則の調和」と「開放性と移動の自由のための政治的約束」だけでなく、継続的な予防接種を求めています。

CNN – ワイヤー
™ & © 2022 Cable News Network, Inc., Warner Bros. Discovery Company. すべての権利を保有。

万里の長城の写真を提供 Powerstock/Adobe Stock

READ  アンジュルム船木結果二度延期経涙の発足 "新しい自分を見つけていきたい」| ORICON NEWS
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours