トップニュース

アジア太平洋企業が日本海上風力プロジェクトに協力

Vena Energy Holdings Ltd(Vena Energy)、Shikoku Electric Power(Yonden)、東方ガスは、日本の青森南部に海上風力プロジェクトを開発するためのコンソーシアム設立を発表しました。

この敷地は、日本政府が海洋再生エネルギー発電施設開発のための海域利用促進に関する法律に従って、海上風力プロジェクト開発のための「有望な」地域として識別しました。

コンソーシアムによると、このプロジェクトは現在、環境影響評価(EIA)、技術および持続可能性に関する活動、ステークホルダー、コミュニティへの参加を含む開発プロセスのすべての段階を進めており、次のオークションに参加する予定です。 青森南部を海上風力推進地域に指定する可能性があります。

「青森南海岸風力プロジェクトを通じて、日本のエネルギー自立と炭素中立目標の達成に貢献するとともに、地域社会や利害関係者に権限を与え、恩恵を受けることを期待しています.」 言った フアンマスバロr、Vena Energyの責任者です。

日本は2050年まで炭素中立を目指しており、2030年までに10GW、2040年までに30~45GWの海上風力発電容量を配置する目標を設定しました。

2019年、日本政府は青森県沖で日本海(北)、日本海(南)、武津湾など3地域を指定した。

昨年、Iberdrolaは日本の北西部青森県で600MW西北沖プロジェクトを共同開発するため、日本のコスモエコパワーとエンジニアリング会社Hitzと契約を締結しました。

2021年3月、JERAは日本経済産業省(METI)に青森県の新しい海上風力プロジェクトに関する基本的な環境影響検討文書を提出しました。

以下からoffshoreWIND.bizをフォローしてください。

READ  Luc Ngan lycheeは、日本で地理的表示の保護を与えている。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close