トップニュース

アジア太平洋株式は米国中選挙を控えて大部分上昇

日本東京にある日本銀行本社

大住友広 | ブルームバーグゲッティイメージ

アジア太平洋地域の株式は、投資家が日本の銀行の意見の要約を消化し、米国の中間選挙を控えているうち、火曜日の早朝の大部分の上昇傾向で取引されました。

それだけ 日経225 日本では1.46%上昇し、Topixも1.13%上昇しました。 それだけ S&P/ASX 200 オーストラリアでは0.23%増加しました。 韓国でKOSPIは0.69%上昇しました。

日本銀行は取締役会のメンバーの意見の要約を発表した。 金融政策会議 10月に金利を変更せずにグローバル同僚が途方もない金利を引き上げたとき。 ニュージーランドは第4四半期のインフレ見通しを発表する予定だ。 任天堂 後で四半期ごとの収益を報告します。

それだけ ハンセン指数 香港の場合、方向を見つけるために苦労した後、取引の最初の時間にわずかに下落したが、中国本土の 上海合成 0.37%下落した 深セン部品 やはり0.34%だった。

一晩、米国証券市場は投資家が来週を控えて上昇を見せた。 中間選挙 そして主要なインフレデータを確認し、Appleの供給警告を無視しました。

ダウジョーンズ30産業平均指数は423.78ポイント(1.31%)上がった32,827.00に場を終えた。 S&P 500指数は0.96%上がった3,806.80でシートを締め切りました。 ナスダック総合指数は、章の初めに損益を得て取引した後、0.85%上昇した10,564.52を記録しました。 3つの主要な平均はすべて2日連続プラスを記録しました。

– CNBCのSarah Minがこの報告書に貢献しました。

READ  ハイゲダンディズム公式「Mixed Nuts」、日本ホット100で3週連続1位記録 - ビルボード

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close