スポーツ

アジア学教授、Kenneth B. Pyle Prize受賞

ペンシルベニア大学公園 — ジェサミンR.アベル、 のアジア研究副教授 文科大学最近、現代日本への献身的な奨学金を認め、重要な賞を受賞しました。

アベルは義を受ける者だった。 日本学ジャーナル Kenneth B. Pyle JJS最優秀記事賞 彼女の論文「Information Society on Track: Communication, Crime, and Bullet Train」ジャーナルの創立編集者の名を冠した賞は、前年度に出版されたJJS研究論文に毎年授与されます。

Pyle Prizeに該当する記事は、「日本の経験的および解釈的作業の出版を通じて、最高レベルの奨学金を促進しようとするJJSの使命を支援する」ことに貢献したと評価されています。 受賞委員会はAbelの記事を「変化、現代性、高速移動性の象徴として新幹線の重要性を照明するアプローチの独創性と創造性…」 ジャーナル・オブ・日本学(Journal of Japan Studies)が意味する学際的(interdisciplinarity)を完全に具現した歴史」

アベルは、受賞のニュースが驚くべきことだと述べた。

「電子メールを受け取ったとき、タイトルは「2021 Pyle Prize受賞者」であり、メーリングリストに送信される一般的なお知らせだと思いました。 それで誰が勝ったのかという気持ちで文を読んだ」とアベルは言った。

現代日本の文化史、技術、インフラ、スポーツ、国際関係の専門家であるAbelは、2冊の本を書いた。 日本の国際主義そして「Dream Super-Express: A Cultural History of the World’s First Bullet Train」では、東海道新幹線新幹線が1960年代に日本で交通手段を超えて文化的、社会的変化の手段としてどのように活用されたかを見ていきます。

AbelはPenn Stateのフェローである間、JJSの記事のアイデアを開発しました。 人文情報センター 日本高速鉄道の到来と情報について話す言葉があると思ってフェロシップに支援した。

CHIに関連する学者の話を聞き、フェローシップ期間中に他の同僚と彼らの仕事について話し合うと、Abelは日本の企画者、政治家、小説作家が超高速列車をサイバーネティクス(コミュニケーションの科学と機械と生物の両方の自動制御システム)「情報社会」の出現により、当時日本で起こっている変化を説明するのに役立ちます。

「アイデアの開発には1年の研究期間がかかりましたが、作成するのにはるかに長い時間がかかりました。 最初はよく知らなかった分野に私を連れて行き、アイデアを得る前にかなり多くの奨学金を読まなければならなかったからです。 出版可能な形にする」と話した。 「私がJJSに記事を提出したのは、CHIフェローシップ以来数年が経ちました」

現代日本に対するAbelの関心は、プリンストン大学で政治学を専攻しながら具体化され、彼女の上級論文は、クリル列島に対する継続的な領土紛争を通じて日本とロシアの関係を調査した。

Abelにとって最も魅力的な研究テーマは、「人々や国家が予期せぬことをしたり、どういうわけか「珍しい」ことをすること」です。

「私はいつも「なぜ彼らがそうしたのか」を知りたいのです」と彼女は言いました。 「多くの研究プロジェクトが、日本政府が予期せぬ政策決定をした理由を理解しようとする努力から来た」

Abelは現在、1945-52年の第二次世界大戦以来、米国の日本占領期間中に草の根民主主義の促進を調査する「実践民主主義(Practical Democracy)」というタイトルの3番目の本を執筆中です。 日本の1946年憲法は民主的政府体制の枠組みを確立したが、民主化自体は「ただ法を変える以上のことを要求しました。 彼らは人々の心を変えなければなりませんでした。」とAbelは言いました。

彼女の研究を通じて、Abelは「日常生活のインフラ」の背後にある制度が日本社会が民主主義を準備するのにどのように役立つかを理解するよう努めています。

「例えば、国家鉄道庁、産業団体、スポーツ団体などの機関は、変化する社会状況で職員が職務を遂行できるように教育することによって、民主主義にとって不可欠であると考えられる一般的な思考と参加の作成に貢献しました。」は言った。

2009年以来、教養大学教授陣の一員であるAbelは、Penn Stateが理想的な学問的故郷であることを立証したと述べました。

「主な利点の1つは、日本とアジアの研究のための強力なプログラムです。これは私の研究について話す多くの分野の同僚が常にあることを意味します」と彼女は言いました。 「私がPenn Stateに到着してから出版されたすべては、最初に同僚にそれを読んでそれについて私に話すようにする着メロを経ました。 それで、実際に受賞作に選ばれるほどに作品を発展させるのに役立ってくれたという点で多くのボールを挙げる」と話した。

READ  日本、東京オリンピック前のウイルス緊急展開する| コロナウイルス

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close