スポーツ

アジア旅行は台湾の現状維持に関するものではなかった。

(コメントとともに再放送)

村上さくら、竹中清志

東京、8月5日(ロイター) – ナンシー・フェロシ米下院議長は、金曜日、アジア順方で中国が激怒した中国が台湾沖で実射撃訓練を行ったのは現状維持のためではないと述べた。 台湾または地域。

フェローシ議長と議会の代表団は、中国が自国とみなす自治島である台湾を予告なくしばらく立ち寄るアジア旅行の最後の段階に日本にいました。

フェローシ議長は25年ぶりに米国管理の最高水準の台湾訪問を通じて民主主義を高く評価し、連帯を誓いながら中国を怒りさせた。 フェローシ議長は、東京で開かれた記者会見で議会の台北訪問による外交的嵐について述べました。

彼女は岸田文夫日本首相に会った後、記者会見で「私たちはここで私たちの代表が台湾や地域の現象を変えようとはしないと最初から言った」と話した。

中国国営放送は、木曜日に始まり、日曜日に終わる予定の軍事訓練が台湾海峡で中国が行う最大規模の訓練になると述べた。 訓練は海と島の周りの領空で実射撃を与えました。

日本の排他的経済水域(EEZ)に5発のミサイルが落ち、日本政府は外交チャンネルを通じて強く抗議した。

米国の最も近い同盟国の1つである東京は、インド太平洋地域で中国の影響力が高まっており、中国が台湾に対して軍事的行動を起こす可能性についてますます懸念しています。

岸田首相は、先に両同盟国が主要な海上航路である台湾海峡の平和と安定を維持するために協力することを明らかにした。

最南端の島が東京より台湾に近い日本は、台湾に対する中国の脅威が国家安全保障の脅威を拡大していると警告した。 (Elaine Lies、Mariko Katsumura、Kentaro Sugiyamaの追加報告、Elaine Liesの執筆、David Dolan、Stephen Coates、Simon Cameron-Mooreによる編集)

READ  野球の熱いストーブでリアルタイムアップデート

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close