経済

アジア株は不振状態を維持し、ドルは後退を再開する。

ロイター

2022年8月1日午前9時25分

最終修正日:2022年8月1日午前09時33分

FILE PHOTO – 2022年2月25日、日本東京で新種コロナウイルス感染症(コロナ19)が発生した中で保護マスクを着用した歩行者たちが、日本東京のある証券会社の外部で様々な会社の株価を表示する電光板に反射している。 ロイターズ/キム・ギョンフン

“>

FILE PHOTO – 2022年2月25日、日本東京で新種コロナウイルス感染症(コロナ19)が発生した中で保護マスクを着用した歩行者たちが、日本東京のある証券会社の外部で様々な会社の株価を表示する電光板に反射している。 ロイターズ/キム・ギョンフン

月曜日のアジア証券市場は、失望した中国経済指標がウォールストリートのラリーが続く可能性があるという疑問を呼び起こし、投機者が突然収益性のない公売もポジションから押し下げられ、ドルが円の弱さを持続しながら弱気を見せた。

中国の工場活動の公式測定は、7月に新しいウイルスが需要に影響を与えながら縮小し、Caixin PMIも予測を外した。

韓国の活動は2年ぶりに弱まり、日本は10ヶ月ぶりに最も遅い速度で拡大しました。

これは、影響力のある米国のISMアンケート調査を含む今週締め切られる他のPMIにとって良い兆候ではなく、金曜日の7月の給与報告書もさらに鈍化します。

同時に、金曜日に発表された米国のデータは、非常に高いインフレと賃金の上昇を示しており、イギリス、オーストラリア、インドの中央銀行は今週すべての再び引き上げられると予想されます。

Barclaysのアナリストは、「Band of Englandが8月の会議で50bpの引き上げで緊縮通貨を強化すると予想しています。エネルギー価格の上昇が主要な要因になる」と警告しました。

「中央銀行は、成長の鈍化シグナルよりも強いインフレモーメンタムと労働市場のタイトに焦点を当てています。

MSCIの日本を除くアジア太平洋株式の最も広い指数(.MIAPJ0000PUS)が0.2%下落し、注意が明らかでした。

中国のブルーチップ(.CSI300)は保有税を見せ、日本のNikkei(.N225)は0.4%、韓国(.KS11)は0.3%上昇しました。

S&P 500ギフトとナスダックギフトの両方が0.3%下落しました。 EUROSTOXX 50ギフトは0.1%追加されたが、FTSEギフトは同額下落しました。

米国企業の収益はほとんど下方修正された見積もりを上回ったが、BofAのアナリストは景気消費財部門の60%しか報告されていない。

BofAはメモで「私たちの強気場の兆候も床と言うには時期尚早であることを示しています。歴史的市場の底にはこれらの指標の80%以上が触発されていますが、現在は30%に過ぎません」とBofAは言います。

「それに加えて、弱世場は常に連邦の金利引き下げ後に終わりました。少なくとも6ヶ月後である可能性が高いです。BofA住宅の見通しは3Q23の最初の金利引き下げです」

A、そうではありません。 DOVISH PIVOT

債券市場も先月35bp下落し、大流行開始以来最大の下落幅を記録し、強くラリーを続けています。 収益率は2.660%で、6月の高点である3.498%からしばらく遠かった。

利回り曲線は依然として急激に逆転しており、債券投資家は株式よりも経済に対して悲観的であることを示唆しています。

リターンの逆転により、ドルは最近の高点である109.290に比べて、通貨バスケットに105.650にとどまり、先週の2週目に下落しました。

最大の下落は、投機者が途方もなく売却し、突然のターンアラウンドによって圧迫された円に対して現れました。 ドルは先週に2.1%急落した132.43円で0.6%下落した。

ドルはヨーロッパのエネルギー危機と戦わなければならないユーロに対してより良い成果を示し、先週はほとんど進展を遂げなかった。 ユーロは$1.0236で最後で、$1.0278の周りに強い抵抗を示しました。

Capital EconomicsのシニアマーケットエコノミストであるJonas Goltermannは、先週、連邦の75ベーシスポイントの引き上げに対する市場の鳩の解釈に疑問に思いました。

彼は「連邦に対するリスクオン対応は概して希望的な考えと拡張されたポジショニングの組み合わせに依存すると考える」と主張した。

彼は「私たちの見解では、インフレが目標値をはるかに超えている間、政策立案者が積極的な金利の印象を放棄するというパウエル議長の発言はほとんどなかった」と付け加えた。 「市場が連盟の意図を誤って読んだことが正しい場合、ドルはすぐに再びラリーを再開するでしょう」。

現在ではドルと収益率の下落が先週2.2%反騰したオンス当たり1,763ドルで金値に安堵感を与えています。

石油価格は、今週のOPEC +会議でわずかな供給増加をもたらしたかどうかを市場が確認するのを待って、再び下落しました。

米国原油はバレル当たり1.15ドル下落した97.47ドル、ブレント油は91セント下落した103.06ドルを記録した。

READ  日米気候協力の転換点? - 外交官

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close