アジア株式上昇、ウクライナ、インフレ、エネルギーコストに注目

Estimated read time 1 min read

投資家がウクライナの戦争、インフレリスク、そして急激なエネルギー価格を注視したとき、アジアの株式は火曜日の大半に上昇しました。

日本、韓国、オーストラリア、香港の朝の取引でベンチマークが上昇したが、上海では小幅に下落した。

ウクライナに対するロシアの戦争とロシアに対する西側の制裁が欧州のエネルギー供給への懸念を重視しており、価格が急騰し、感染症から経済回復に向けた進展が進んでいます。

「平和会談が進展せず、欧州連合がロシアの石油禁水措置のためのテーブルを設けているという報告が回っています。 高いエネルギー価格はEU経済に多大な損害を与えるでしょう。」とSPI Asset Managementの管理パートナーであるStephen Innesは言います。

株価は一日の多くの時間に反騰した後、ウォールストリートで少し下落傾向に締め切り、ジェロームパウエル連盟議長がインフレを抑制するために必要であればさらに積極的に動く準備ができていると話した後、債権利回りは急激に上昇しました。

10年物国債利回りは金曜日遅れの2.14%から2.30%に急上昇しました。

日本の日経225指数は午前取引で1.5%急騰した27,215.65を記録した。 オーストラリアのS&P/ASX 200は1.1%上昇した7,357.90を記録しました。 韓国コスピは0.5%上昇した2,698.49に締め切った。 香港ハンセン指数は0.5%上がった21,319.19、上海総合指数は0.1%下落した3,249.54で取引を終えました。

ウォールストリートでS&P 500は1.94ポイント下落した4,461.18でベンチマーク指数で4日連続連勝を記録しました。 ダウ指数は0.6%下落した34,552.99、ナスダックは0.4%下落した13,838.46で締め切りました。

小規模企業の株式は、より広い市場よりも悪かった。 Russell 2000指数は1%下落した2,065.94を記録しました。

パウエル議長は、全米経済経済学会(National Association of Business Economists)は、演説が延期がインフレを遅らせるために必要な場合、いくつかの年次会議で基準短期金利を0.5%引き上げると述べた。 連준は2000年5月以降、基準金利を0.5ポイント引き上げなかった。

水曜日に、中央銀行は2018年以来初めて金利を引き上げた4分の1ポイント金利引き上げを発表しました。 この発表以来、株価は上昇傾向を示し、1年以上で最高の週を過ごしました。 中央銀行は今年、何度も金利を引き上げると予想される。

ロシアのウクライナ侵攻で新たなグローバル経済不確実性が追加される前に、一部の連邦管理者は中央銀行が3月から金利を0.5%引き上げる方が良いと述べた。

ACY SecuritiesのシニアエコノミストであるClifford Bennettは、景気後退のリスクが高まると考えると、連邦政府が慎重に行動する必要があると考えていると述べました。

「ヨーロッパは景気後退につながる可能性があり、世界は引き続き高いエネルギーと食品価格を経験しており、貧しい人々は不均衡な影響を受けるでしょう。 そして金利の引き上げは、戦争によるインフレの波動には何の影響も与えないだろう」と彼は言った。

消費者支出、コミュニケーション、および技術株式に依存する小売業者およびその他の企業は、月曜日のS&P 500で最大の低下要因でした。 ホームデポは3.3%、フェイスブック親会社であるメタプラットフォームは2.3%、マイクロソフトは0.4%下落した。

エネルギー取引では、ベンチマーク米国原油はバレル当たり2.68ドル増加した112.65ドルを記録しました。 一晩、エネルギー主義者は、原油価格が上昇して堅調な上昇を示した。 米国基準原油は月曜日バレル当たり109.97ドルで7.1%急騰した。 国際基準のブレント油は、2.92ドルから118.54ドルに急上昇しました。

今週は、企業と投資家がインフレの上昇に対処する方法を投資家に知らせるための米国経済データはあまりありません。

金利引き上げのための連盟の動きは、サプライチェーンとして数ヶ月間予想されています。

ロシアのウクライナ侵攻は、エネルギーと原材料価格の上昇によってインフレが悪化する可能性があるという懸念を追加しました。 今年の原油価格は45%以上上がり、小麦とトウモロコシの価格も急騰した。

これらの広範な懸念に加えて、いくつかの株式が会社関連のニュースに大きな動きを示しています。 再保険会社のAlleghanyは、Warren BuffettのBerkshire Hathawayに買収することに同意した後、約25%上昇しました。 メディア評価者Nielsenは、買収提案を拒否して6.9%下落しました。

ボーイングは132人が搭乗した中国東方航空737-800航空機が中国で墜落して3.6%下落した。 火曜日の報告によると、生存者はいませんでした。

通貨取引では、米ドルは日本円に対して6年ぶりに最高値に急騰し、かつて日本円120円に達した。 後で119.47円から119.90円と取引されました。 ユーロの価格は1.1016ドルから1.1002ドルに落ちました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  Lucence、早稲田大学と協力して、がん検診のための統合された液体生検プラットフォームの開発
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours