経済

アジア – 太平洋コロナウイルスニュース:日本、緊急事態を6月20日に延長、タイ、中国のSinopharmワクチン非常用の承認承認

次は、アジア太平洋諸国でCOVID-19大流行の最新の開発です。

東京 – 日本政府は、感染率がゆっくり減少する中で、9つの県でCOVID-19の緊急事態を6月20日までの3週間延長しました。

9つの県は、東京、大阪、北海道、愛知、京都、兵庫、岡山、広島、福岡です。 緊急状態は、月曜日に切れる予定だった。

緊急事態に追加された10番目の、そして最も最近追加された沖縄は、すでに6月20日までに制限されています。

レストランでお酒を提供したり、カラオケサービスを提供することを禁止して、現地時間の午後8時までの営業を停止するように要求するのと同じ制限は、5月31日以前の終了日以降も有効です。

バンコク – タイは緊急使用のために、中国のSinopharm COVID-19ワクチンを承認したと発表しました。

今回の発表は、東南アジア諸国がこれまで最悪のCOVID-19発生に対抗して戦い続けてきたが、最近の流行は首都バンコクから拡散し始めた4月の初めに総件数は30,000人未満で144,976人に増加しました。 。

この国は、来月、大量接種キャンペーンを開始する予定であり、今年末までに7000万に近い人口の70%を予防接種することを目的としています。

NEW DELHI – インド総集計は27,555,457人で、過去24時間の間に186,364件の新しい事例が追加された連邦保健省は言った。

これは1ヶ月半の間、最も低い集計と呼ばれます。

さらに、木曜日の朝以降3,660人の死者が318,895人で死亡しました。

過去24時間の間に76,755件の減少とまだ2,343,152件アクティブ事例があります。

マニラ – フィリピンの保健省(DOH)は8,748件、新しい感染を報告し、東南アジア諸国の総確定者数は1,209,154件に増加しました。

DOHは187人のより多くの患者がウイルス性疾患で死亡した後、死亡者数は2万566人に増加したと発表した。

フィリピンはコロナウイルスの拡散を抑制するために、今週末から国境統制を強化することです。

フィリピンの中央のマクタン – セブ国際空港に向かうすべての国際線は5月29日から6月5日までマニラでバイパスして、すべての着信の旅行者を選別します。

JAKARTA – 公式データによると、インドネシアの大流行による死亡者数は50,000人を超えました。

保健省は、金曜日に東南アジアの国で確認されたCOVID-19の事例が過去24時間の間に5,862人増加し、合計1,803,361人に達した死亡者数は193人で、50,100人に増えた。

保健省によると、5,370人以上の回復された患者が退院して総回復件数は1,654,557人にのぼる。

ISLAMABAD – パキスタン国司令部オペレーションセンター(NCOC)は金曜日の朝、パキスタンでは、過去24時間の間に2,482件の新しい感染事例が記録されたと述べた。

伝染病のキャンペーンを主導しているパキスタンの部門であるNCOCの声明によると、全体のケースの数は834,566件を含む913,784件に増加しました。

NCOCは伝染病が原因で、過去24時間の間に67人が死亡しており、全体の死亡者数は2万607人に増加したとNCOCは言った。

READ  アメリカ、サイバー脅威の警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close