トップニュース

アジア – 太平洋株式取引は入り混じった状態; インド市場は休日に閉鎖

シンガポール – 月曜日の朝の取引で、アジア太平洋地域の株式が入り混じった状態を示しました。 インド市場は休日のため、ドアを閉めた。

日本のNikkei 225は、初期の取引で0.98%上昇した一方、Topix指数は0.7%上昇しました。 一方、韓国のKOSPIは0.27%下落した。

オーストラリア株式はS&P / ASX 200は0.10%上昇し、より高かった。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株に対する最も広範な指数は小幅上昇しました。

企業開発の過程で、中国のビデオプラットフォームBilibiliの在庫が月曜日、香港でデビューする予定です。 この会社は、アリババと百度のような他の米国上場の中国企業と同じように、香港からの資金を調達します。

インド市場は月曜日休みです。

Stateside、S&P 500は金曜日に新記録を立てた2021年の上昇率を5.8%に上げました。

通貨と石油

仲間バスケット比ドルを追跡する米国ドル指数は今月初め92.773で上昇し92.773を記録しました。

日本の円はドル= 109.73で先週ドルに比べ109ラインの下で安を見せた。 オーストラリアドルは$ 0.7636で取引を変更して、先週$ 0.768以上で下落しました。

原油価格は、アジア取引時間午前に下落し、国際ベンチマークブレント原油の先物はバレル64.53ドルで小幅下落しました。 米国原油先物も0.26%下落したバレル$ 60.81を記録した。

READ  韓 - 日嵐の雲ドア大統領のオリンピック訪問決定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close