スポーツ

アジアTTチャンピオンシップ:インド男女チームが8強進出

睡眠不足インドの女性が水曜日、カタールのドーハルサこと多目的ホールで開かれたアジア卓球選手権大会組1位決定戦でウズベキスタンを3-0で下してベスト8に進出しました。

インドの女性のチームは2年ごとに開催される大会にトップスターのマニ車バトラがありません。 彼らは今、水曜日の午後9時ISTに日本を相手します。 一方、ベテランSharath Kamalが率いるインドの男子チームは準々決勝を払って、イランと対戦します(水曜日の午後7時30分IST)。

イラン – インドネシアリーグの試合が導火線に行われ、時間はもちろんのこと、多くの注目を集めた。 1組首位を決定する、インドのネパールとの二番目と最後のグループ京畿道火曜日の開幕戦に延期された。 インドは火曜日の朝グループリーグ第1戦でヨルダンを下した。

Archana Kamathは11-2、5-11、4-11で勝ちTokyo Olympian Sutirtha MukherjeeはRozalina Khadjievaを11-6、11-7、11-3で制した。 Ayhika MukherjeeがSugdiyona Madalievaによってテストされている間、両方のそれぞれ18分かかりました。 ウズベキスタンは、彼女が2位をし、3位を占めと脅したときの出会いを4位まで引き上げるために夢中になっています。 しかし、前国家チャンピオンAyhikaは24分で8-11、11-8、10-12、7-11でタイを勝っ若いライバルを制圧しました。

イラン人は35歳のNeda Shahsavari、London 2012とRio 2016オリンピックのベテランと一緒に有名なライバル、インドネシアを3-2で破り、開幕戦でNovida Widarahmanを11-5、19-17、11-4で勝ち優勝しました。 ドゥウィオクタビアニー樹脂アルトを11-7、11-6、11-4で破り、4戦を行った。

決定戦タイでMahshid AshtariはNovida 11-9、11-9、11-8との熾烈な接戦で勝利した。 インドネシアDwi Oktaviani SugiartoとSiti AminahはMahshid 11-7、6-11、12-14、11-8、11-9、Shima Safaei 7-11、11-5、11-7、9-11、11に勝利しました。 -5、それぞれ。

しかし、マラソン競技は水曜日カザフスタンとのグループリーグ第1戦で敗れたイラン人を排出させた。 イラン、インド、ウズベキスタン、カザフスタンのこの組1位を記録して組1位を記録した。 しかし、決勝進出者は、韓国、香港、日本、シンガポール、台湾、タイの6つのシードと一緒に8強に進出します。 インドネシアのジョグジャカルタで開かれた2019年大会で7位と8位を占めた韓国と香港はディフェンディングチャンピオンの中国と北朝鮮が脱落した後、すぐに進出した。

結果

女子チーム – グループウィナーマッチ

インドで0敗8-11、11-8、10-12、7-11)。

READ  バックス、日本の1回の強打者加入| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close