アスベスト取扱日本科学教師死亡、業務上災害として認め

Estimated read time 1 min read





「白石麺」としても知られるアスベストの一種である白石麺が国土交通省で撮影したこのイメージに示されています。

大阪 – 教室科学実験の準備中にアスベストを扱った後、がんにかかった学校科学教師の死亡が地方政府職員補償システムに基づいて業務上の災害と認められました。

産道秀夫は、アスベストに関連したがんの一種である中皮腫を発症した後、69歳で死亡しました。 アスベストは過去の研究室装備に使用されたが、教師が散らばったアスベストダストを吸入したと推定される。 アスベスト暴露により教師に業務上の災害が認められる場合は異例です。 しかしある専門家は、今回の事例は氷山の一角に過ぎないかもしれないと言う。


アルコールランプのアスベスト芯を切断して開きます。

日本の西和歌山市のある市立小学校で働いた山道は、1977年から2013年まで主に高学年の子供たちを教えました。 彼は2021年に中皮腫が発症し、医師は彼にアスベストが原因だと言いました。 彼は地方公務員災害補償基金に業務上災害認定を申請したが、2022年4月に世界を去った。 妻は2024年1月認定通知を受けた。

サンド氏は基金支援書で「科学授業を準備し、アルコールランプが乗りやすくアスベスト芯の上部を切って開け、ランプで散らばったほこりも掃除した」と説明した。 「私はアスベストの発がん性を知らず、まったく保護されていません。」

アスベストは長い間ランプの芯に使用されており、アスベストの芯は切断時にほこりを発生させることが知られています。 2004年厚生労働省はアスベストの製造および使用を原則的に禁止し、現在日本産の実験装置にはアスベストは含まれていません。

先生の奥さんは「病気のことがなかったので診断を聞いた時は信じられなかった。夫は残念だが認められたら嬉しい」と話した。


専門家らは今回の事例が氷山の一角である可能性があることを示唆する。

これは日本の教師の間で明らかになったアスベスト関連作業場事故が10番目だ。 以前は、研究室機器に含まれているアスベストの拡散により、大学の教職員や他の人々に認められました。 しかし、環境復元保全庁の調査の結果、労災保険未加入者に医療費などの恩恵を提供するアスベスト健康被害救済法により認証を受けた中皮腫患者242人が教師として勤務したことが分かった。

東京にあるアスベストセンター所長の名取維持は、今回の事例が「氷山の一角」である可能性があると述べた。 彼は「アスベスト暴露による業務上の災害を認められた教師は10人前後でごく少ない」とし、「アスベストが敷かれた建物に入って業務上の災害認定を受けた場合は多くあったが、特別な事情がない限り教師が職務上の災害にあった。と認められない」とし「審査過程があまりにも厳しく改善が必要だ」とし「教師らがあきらめずに業務上災害認定を受けることを望む」と話した。

(日本語原文:大阪編集部大島秀人)

READ  宇宙研究、貨物船作戦開始週間 – 宇宙ステーション
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours