世界

アッサム洪水:50万人のインド人が雨のため、北東部の洪水で避難

世界最大の川の1つであるブラマプトラ(Brahmaputra)は、チベットからインドと隣のバングラデシュに流れ込み、過去3日間にアッサムの堤防を破壊し、1,900以上の村を浸水させました。

大雨が険しい州の大部分を襲った。

アッサム州の水資源部長官であるピジュ市ハザリカはロイター通信に「洪水状況が時間が経つにつれて深刻になっている」とし、「過去3日間に7人がそれぞれ異なる事故で溺死した」と話した。

インドの軍隊の兵士たちは、継続的な救助努力でホジャイ地域に閉じ込められた2,000人以上の人々を救ったと主保健大臣Keshab Mahantaによると、

ブラマプトラ(Brahmaputra)の水位はさらに上昇すると国家当局は言った。

救援活動を監督しているアッサムの財政長官であるジョーゲン・モハン(Jogen Mohan)は、「最悪の被害を受けたディマ・ハサオ(Dima Hasao)地域が洪水と地すべりによって鉄道と道路が共に切れるなど状況が非常に深刻だ」と言った。

気候変動により、インドとパキスタンで記録的な爆発が発生する可能性が100倍高まりました。

一方、インドの他の都市、特に首都ニューデリーは、南アジアの多くの地域を掴んだ爆炎に苦しんでいます。

パキスタンの一部地域の気温上昇 インドとインドは最近数週間学校を閉鎖し、農作物を損傷し、エネルギー供給に圧力をかけ、住民を屋内に滞在させました。 さらに、専門家はそのような熱が人間の生存に適しているかどうか疑問を提起しました。

世界で最も暑い都市の一つであるパキスタン・シンド州ザコババードは、昨日曜日の摂氏51度(華氏123.8度)、前日の摂氏50度(華氏122度)を記録した。 インドでは日曜日にデリーの気温が摂氏49度(華氏120度)を超えました。

READ  労働者の日の暴動で、ドイツの警察90人以上負傷

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close