経済

アップデート1-再生可能エネルギー会社は、日本PMのためのTaro Kono優勝レースに期待をしておきます。

(第2項に景気浮揚予定を追加)

竹中清、村上さくら

東京、9月24日(ロイター) – 再生可能エネルギー企業は、日本の次期首相になるための競争で先頭を走っている河野太郎が何年もの放置最後に、より多くの市場へのアクセスと、より公平な競技場を可能にする変化を触発することに賭けています。

58歳の彼は、日本の約1500億ドル規模の電力部門で、より多くの再生可能な供給を長い間守ってきており、中国以外の世界で最大の国家電力市場であり、https://www.reuters.com/world/asia -pacific / japan- pm-contender-kono-wants-renewable-energy-5g-be-focus-stimulus-package-2021-09-16彼が勝てば、再生可能エネルギーに焦点を当てた景気刺激策。

投資家は、人気のあるKonoが9月29日、自民党の次期党首に投票で勝利し、議会の過半数のおかげで、日本の次期首相になることを希望しながら、再生可能エネルギーの株式を買収してきました。

日本のエネルギーミックスは、2011年福島原発事故の後、電力を支えた化石燃料を代替しながら再生可能エネルギーが増加し、すでに変化を経験しています。

河野元国防長官は政界の末裔で、現在の行政改革を担当しており、鉄鋼連盟と同様に弊社た原子力部門の復活を支持する産業省(METI)と衝突​​している。

孫正義ソフトバンクグループ会長が設立した再生可能エネルギー研究所(Renewable Energy Institute)の大林ミカ理事は「河野は、過去1年の間に規制緩和に熱心であった多くのことが変わった。河野が当選すれば、日本のエネルギー転換はさらに加速なるだろう」と述べた。 。

再生可能エネルギーは、昨年退任する菅義偉首相が日本とヨーロッパを連携して2050年にカーボンニュートラルの目標を宣言した公約により力を獲得しました。

ほぼ50個に達するJapan Renewable Energyの役員であるKoki Yoshinoは「METIの関係者の態度が大きく変わった。再生可能エネルギースタートアップの態度はやや冷淡だったが、そのような立場を続ける余裕がない」と述べた。 風力や太陽光発電のプロジェクト。

2018年当時、外相だった河野が招集したパネルは、一般的にMETIの領域であるエネルギー論争に飛び込んで、原子力と石炭をなくし、再生可能エネルギーを大幅に増やすというニーズを支持して議論を起こした。

昨年Konoは、日本の再生可能エネルギーへの転換を妨げる規制のハードルを除去するためにタスクフォースを構成しました。

世界で3番目に大きい経済規模であり、5番目に大きい炭素排出国は、2011年以前に日本の電力の3分の1の源泉であった福島の災害で、原子力部門がほぼ死亡して10年が過ぎた後、輸入化石燃料に大きく依存しています。

再生可能エネルギーは、急速に追い上げて、昨年に日本のエネルギー供給の22%を占め、最近の政府の目標を予定より10年繰り上げても四半期の石炭よりも多くの貢献をしました。

河野のプラットフォーム

これらの成長にもかかわらず、批評家は、METIが供給が豊富でするとき縮小に知られている太陽光発電所を強制的に閉鎖することができるルールを導入したと言います。

Konoは自分のホームページで自分の政策を説明するホームページで再生可能なプロジェクトへの接続もしっかり会社の気まぐれに保留されていると言います。

Konoは日本本土と北の北海道を結ぶ主要送電線の使用に関する規則を変更して、より多くの再生可能エネルギーを混合できるようにしなければならないと言います。

彼は線路を介して送電される電力を、実際の送電より一日前に報告しなければならないので、天候に依存する再生可能エネルギーは、現在の利用率が低いラインを使用して、東京に電力を伝送するのは難しいです。

METIは2030年までに、日本の電力の22〜24%で、36〜38%まで再生可能エネルギーを生産するという目標を高め、世界の他の地域で急速に成長している分野の一つである洋上風力のオークションルールを設定しました。

再生可能エネルギーも人気があり、世論調査によると、消費者は依然として原子力を警戒して、より多くの環境のオプションを望んでいる。 一方、優良企業は、政府にロビーを介して規制緩和を要求して、より多くの無排出エネルギー源を使用します。

太陽光発電と蓄電池製品も販売している電気の小売スタートアップであるLooop Incの取締役であるYusuke KojimaはKonoが業界をサポートすることを希望し、最近の政策の変化が、彼のビジネスに大きな変化をもたらしてきたました。

Kojimaは「過去には日本全体が再生可能エネルギーを主な動力源として考えていなかったので、再生可能エネルギーの優先順位を置くことができませんでした。しかし、カーボンニュートラルの誓約およびその他のポリシーにより、再生可能エネルギーがテーブルの上にあることを意味します。」と言いました。

(竹中清、村上サクラ、アーロンシェルドゥリクのを見て、Antoni SlodkowskiとMichael Perryの編集)

READ  インド、米海軍の排他的経済水域を通過に抗議

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close