経済

アップデート1-日本のサービス価格はCOVID痛みが緩和さに応じて8カ月ぶりに最大の上昇を記録します。

*企業サービス価格は、5月に年間1.5%上昇

*宣伝費、ホテルの料金は、昨年不振で反発

*世界的な需要の増加に海外輸送費の増加

*企業がコストを消費者に譲ってくれるかどうかの不確実性(説明会、日本経済の背景を追加)

日本の企業サービス価格が5月8ヶ月ぶりに最も速い平均上昇を見せ木曜日にデータによると、世界1位という信号が追加されている。 3経済は、昨年コロナウイルス大流行の破壊的な影響から徐々に浮上しています。

昨年の景気後退の基底効果に起因したものだが、ホテルや交通費の上昇は、経済活動の再開を見せてくれて、原材料コストの上昇で、日本が持続的なデフレに逆戻りを防ぎました。

BOJの物価統計部長であるShigeru Shimizuはブリーフィングで、「緊急抑制状態の影響は、前年同期ほど大きくなかった。 「一部の地域では、日本のゴールデンウィーク期間中の観光客が戻ってくることを見ました。」

日本の銀行の資料によると、サービスの生産者物価指数(会社がサービスのためのさまざまな料金を請求する価格)は、前年同期比1.5%上昇し、3カ月連続上昇し、昨年9月以降、最速の上昇速度を示した。

テレビ広告料は、昨年の急落の反動により、前年比35%急増した。 海外発送料は燃料費高騰と中国行き海運需要の強さを反映して、史上最大34%上昇した。

ホテルの料金は0.3%上昇し、2年ぶりに上昇した。 5月中に、いくつかの県での緊急制御措置が下されたことにもかかわらず、一部の国内の観光地が訪問者が反発したことを見えたからだ。

データによると、5月に価格が上昇した指数の構成要素数が4月に比べて15個増加した76個のインフレ圧力が拡大しています。

しかし、卸売価格の上昇が消費者インフレにつながるかは不確実である。 企業は内需不振のために増加する費用を家計に転嫁することを警戒します。

日本の主要な消費者物価は前年比​​0.1%上昇したが、これは1年以上ぶりに上昇したが、主にエネルギー価格が反発したためです。

日本経済は第1四半期に年率3.9%減少し、多くのアナリストは、4〜6月に流行冷笑消費に対処するための緊急抑制状態のために反発が緩やかと予想します。

政府は現在、規制を緩和したが、7月23日から始まる東京オリンピックを控え、感染が増加することを防止するために、東京を含む、いくつかの地域では「準備賞」措置を7月11日まで維持すると発表した。 (木原麗華記者; Kenneth Maxwell編集)

READ  日本はPHのODAの最高供給源として残っています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close