経済

アップデート1-日本の8月の機械受注の減少、期待値未達

(詳細は、背景を追加)

* 8月の主要注文は予想よりも失望

*メーカー受注13.4%減、2016年以降で最大の減少

*メーカー雰囲気6ヶ月ぶりに最低値 – Reuters Tankan

By Kantaro Komiya

東京、10月13日(ロイター) – 日本の8月の主要機械注文が予期せず減少して、企業がコロナウイルスの流行の影響を振り払うことに苦労しながら、企業のより広い経済に一定の圧力が加えられていることを示しています。

水曜日内閣府のデータによると、今後6〜9ヶ月の間に資本的支出を示す指標とみなされる変動性が大きいデータシリーズの中核注文が前月より8月に2.4%減少しました。

7月0.9%上昇に比べて収縮。 ロイターがエコノミストを対象に実施した世論調査では、1.7%の成長を予想した。

政府は水曜日機械受注の評価を6ヶ月ぶりに下方修正した。

このデータは、専任首相の菅義弘ところ急増しているコロナ19感染と長期の規制で支持が弱体化されていることを確認した後、新しい首相の岸田文雄が就任してから約一週間後に出てきたことです。

日本企業は、これまで信頼できる生産、輸出と設備投資を通じた経済回復に勢いを提供したが、見通しは険しいものと見えます。

ロイターテンカンは水曜日に、継続的な供給不足と高騰材料コストのために、10月にメーカーの心理が6ヶ月の最低値に落ちたと明らかにした。

アナリストは、第2四半期に年間1.9%の国内総生産(GDP)成長率を見せた後、日本の7〜9月のGDPが小幅増加すると予想した。

業種別では、8月の製造業受注が前月比13.4%減少して5カ月ぶりに減少した。 これは、電子機械、生産機械、造船などの業界の需要萎縮によるものである。 政府関係者によると、2016年2月以降で最大の減少幅である。

非製造業受注は7月9.5%減の後、7.1%増加したが、これは卸・小売、輸送業者の需要に支えられたものである。

重要な受注に含まれていない外部の受注は14.7%減少し、前月(24.1%)よりも減少した。

1年前と比較すると、船舶と電気ユーティリティを除く主要注文は、8月に17.0%増加し、2020年の同じ月に二桁の減少を反映していることに気づいた。 ロイターがアンケート調査したエコノミストは14.7%を予測しました。 跳躍。 (小宮カンタロ、編集、リチャード解か)

READ  国営通信は、北朝鮮が週末に試験した巡航ミサイルが1,500km離れた目標物を打撃することができると主張しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close