トップニュース

アップデート1 – 日本サービス価格は運賃上昇で7ヶ月連続上昇

* 9月サービス生産者物価指数0.9%y/y上昇

*海上運賃は2008年以降の最大上昇幅

※原油価格上昇で送料上昇

*ホテル料金の下落、広告価格の上昇の緩やかさ(説明書の詳細を追加、日本の価格の背景)

東京、10月26日(ロイター)-9月、日本企業が互いにサービスに対して請求する価格が前年同期比0.9%上昇し、7カ月連続上昇傾向を記録した。

しかし、9月30日、ここで緊急COVID-19の抑制が解除された後、需要がまだ回復の兆候を示していないため、企業がより高いコストを家計に転換するかどうかについて不確実性があります。

日本銀行(BOJ)データによると、サービス生産者物価指数の上昇率は8月の1.0%上昇をやや下回った。

9月の上昇の主な原因は運送費でした。 これは、急増するグローバルな需要と供給のボトルネックが企業利益に打撃を与えていることを示唆しています。

9月の海上貨物運送費は前年同期比34.9%急増し、2008年以降最大上昇幅を記録した。

航空運賃も9月に28.5%上昇し、8月の19.6%上昇より早かった。

BOJの清水しげ物価統計局長はブリーフィングで「原油価格上昇の影響は時差があるため、原油価格が上がり続けると貨物運送料が追加引き上げられる」と述べた。

一方、ホテル料金は東京オリンピック終了後の需要減少で8.4%下落した。 広告料引き上げ率も8月の9.7%から9月の7.2%に鈍化し、内需が低迷した。

日本は9月に卸売価格が13年ぶりに最高値の6.3%まで上昇し、企業利益率に圧迫を加え、不要な消費者物価引き上げのリスクを高めるなど、グローバル商品インフレの影響を受けませんでした。

しかし、企業がコストを家計に転換するのを惜しまないと、消費者インフレはほぼゼロにとどまり、BOJの2%目標が達成するのが難しいという期待を高めます。 (木原レイカ記者、編集者ヒマニサカル)

READ  水泳 - 6人のポーランド水泳選手が行政誤って日本で家に送られました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close