トップニュース

アップデート1 – 日本PMは、現在、2025年度の予算バランス目標を変更する必要はないと思います。

*日本は2025年度までの基本予算均衡化を目指す

*多くのアナリストが財政目標を達成できるかどうか疑います。

* Govtは目標を達成するための事前時間枠を「見えない」と呼びます(PM解説で書き直し、詳細)

By Tetsushi Kajimoto

東京、1月14日(ロイター) – 日本は金曜日の2025年度の主な予算バランス目標を変更する必要はありませんが、金曜日のオミクロンのような不確実性を考慮すると、追加の検討を行う必要があるかもしれないと付け加えた。 変種。

政府は、2025年度までに基本予算黒字を達成する目標を設定し、政策立案者が急速な高齢化に対処するために成長を促進し、社会保障支出を抑制する努力を続ければ「可視」になると述べた。

政府が新しい債券の販売と債務返済の費用を除いて、この目標を維持または廃棄するかどうかは、財政改革に対する岸田の意志に対するリトマス試験台となるでしょう。

長い間、財政マッパとして知られる岸田首相は去る10月に就任して以来、長期財政改革よりコロナ19危機からの経済回復を優先視してきた。

岸田首相は財政目標を検討した最高経済諮問団会議で「現在の状況が予算バランスを達成するための目標年度に変動がないことを確認した」と話した。

ただし、「コロナ19の影響など不確実性を震わせることができないだけに、対内外の経済状況を綿密に監視しながら、状況に応じて必要に応じて(追加)検討を進める」と話した。

岸田首相は、コロナ19危機から経済が回復するために可能なすべての措置を講じ、ファンデミックに対処するために財政支出を配置することを躊躇しないと強調しました。

北田の言及は、日本が経済成長のためのバラ色のシナリオを想定し、2026年度に基本予算黒字を達成できるという政府の予測によるものであり、赤字がもう少し緩やかな回復の下で10年間持続できると付け加えた.です。

年2回の財政見通しは、予想より多くの税収が予算バランスのための期間を過去の予測より1年早めることができるにもかかわらず、債務を負っている政府が財政を整理しなければならない課題を強調しました。

目標に対する最近の反復には、修正された財政見通しが発表されたときに感染症の影響を説明するためにレビューされるという警告も含まれています。

日本の公共債務は世界3位の経済規模である5兆ドル規模の2倍以上であり、成長回復を目指して数十年にわたる莫大な支出の結果、産業界で最も多くの債務を負っている国となりました。

政府のバラ色のシナリオは、実質2%、名目3%を超える年間成長率に基づいていました。 より緩やかなベースラインのシナリオでは、実質成長率は約1%、名目成長率は約1.5%であると仮定しています。 (Mark PotterとKim Coghillの編集 柴本哲本の報告)

READ  セルティックの日本株式上昇

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close