アップデート2 – 日本の「懸念」アメリカ

Estimated read time 1 min read

(日本外務大臣、アナリストコメント追加)(日本外務大臣コメント追加)

作者:桐子まり子(Mariko Katsumura)、ジョン・ゲディ(John Geddie)

東京、12月1日(ロイター) – 日本は今週の致命的な墜落事故以来、安全が確認されるまで米軍がV-22オスフリー航空機を地上に送ってもらうという要求にもかかわらず飛行を続けるのを懸念していると東京政府の広報担当者が金曜日に明らかにした。 。

米国の主要同盟国である日本は、水曜日に日本西部から一対が海に落ちた後、自国領土上空のすべての非緊急V-22オスフリー飛行を中断することを要求しました。 日本海岸警備隊は1人が発見され、死亡したと確認されたと明らかにし、搭乗した残り7人に対する捜索は続いている。

米国防総省は木曜日現在、オスフリーを飛行し続けており、接地の正式な要求を知らなかったと述べた。 墜落の原因は調査中です。

松野博和日本官房長官は、この声明について質問を受け、日本政府が「公式に」要請をしたと述べました。

彼は記者会見で「私たちの繰り返しの要求にもかかわらず(米軍から)十分な説明がない状況でオスフリーが飛行していることを懸念している」と話した。

オスフリーを運用する日本自衛隊(SDF)も輸送機の飛行を中断すると明らかにした。

上川洋子日本外務大臣は、追加飛行が行われる前に、オスフリー飛行の安全性を確認してもらうように木曜日、ラム・エマヌエル駐日アメリカ大使に直接要請したと述べた。

駐日米国大使館は即時のコメントを拒否した。

日本内のハイブリッド航空機の配置は議論の余地があり、南西部島に米軍駐留を批判する人々は、この航空機が事故が発生しやすいと言っています。

平和主義日本は唯一前進配置された米国空母打撃団、アジア空手ハブ、戦闘機編隊及び米海兵隊遠征軍を保有している最大の海外米軍兵力集中国です。

東京テンプル大学のロバート・ドゥザリック教授は、日本が第二次世界大戦で敗北し、その後安全保障を米国に依存するようになった後、軍事作戦に対する住民の懸念に非常に敏感だと述べた。

「米国と日本がこれについて十分に調査していないようであれば、配置に問題が生じると思う。なぜなら、日本では他の国とは異なり、どのような資産が配置されるのかに地域社会が影響を及ぼすからだ」と話した。

二者首相は、この問題は、この地域でますます強力になる中国の軍事的立場に対抗して、より緊密な関係を築いてきた同盟国間の主要な外交的葛藤で「爆発」すると予想していないと述べた。 (記者:Mariko Katsumura、John Geddie、投稿:キム・チャンラン、編集:Gerry Doyle)

READ  インドオープン:バドミントンの世界最高のスターが国家最大のイベントのために集まります。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours