アップルジャパン、免税品の乱用不足で9800万ドルの滞納税賦課

Estimated read time 1 min read

東京 – Apple Japanは東京当局から130億円(9800万ドル)の追加税を請求され、これは間違って消費税から免除されたiPhoneやその他のデバイスを外国人観光客に大量販売したようだとNikkeiは月曜日に知りました。

ある消息筋は一部のアップル店で外国人ショッピング客がiPhoneを大量購入した事実が摘発されたと伝えた。 一度に数百台の携帯電話を購入する個人が少なくとも1つの取引に関与しており、その店舗が潜在的な再販業者に税金を課していないことを示唆しています。

READ  日本左腕投手今永がMLB移籍のために投稿される予定
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours