経済

アドバイザーは日本政府に経済展望の見直しを強化するよう促す。

東京、11月25日(ロイター) – 日本最高経済委員会の民間部門顧問は、政府が半期経済の見通しで経済のより広い範囲の可能な変化を検討するように促しました。

委員は、経済財政政策審議会に提出した提案書で、政府が実際の経済成長率とは異なる推定値など、過去の中長期展望に対する検討を強化して透明性と責務性を高めるべきだと述べた。 CEFP)。

政府関係者は「現在、中長期の見通しは日本銀行の政策によって金利が凍結しているという点に基づいたもの」と話した。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

アドバイザーは、そのような仮定が成立しない場合、政府はリスクシミュレーションを実行する必要があると提案したと関係者は付け加えた。

同関係者は記者たちに、「現在のモデルはBOJの長期債券買収が金利を引き下げると仮定している」と話した。

彼は「しかし、さらに遠くから見れば買い続けることはできない」と助言者を引用し、政府のシミュレーションがこれに関連するリスクを解決しなければならないと提案したと付け加えた。

今後の経済見通しは、政府が国内総生産を約5.6%増加させると言う55兆7千億円(4,830億ドル)の記録的な支出を含む景気浮揚策を考慮しなければなりません。 [nT9N2RE00D]

岸田文夫首相、閣僚、黒田春彦日本銀行総裁、民間企業人及び学界人事など11人で構成されたCEFPは、予算を含む政府の基本原則を決定し、中期経済政策を説明する任務を引き受ける。

民間会員の提案は、政府の長期経済政策基盤を形成する。

($1 = 115.3300円)

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Daniel LeussinkとKantaro Komiyaの報告。 Kim Coghillの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  米国、ベルギー、フランス、日本、中東海軍訓練実施

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close