トップニュース

アナハイムの伝統的な日本のパン屋さんが焼いた食品を介して甘みをパットします。

ANAHEIM-Okayama Kobo Bakery&Cafeの伝統的な日本の菓子類は、SoCal顧客がより多くのために戻っています。

再訪問顧客であるEmma Mansfieldは「私は、特定の方法で食べることが好きなので、最後口食べました。」と言いました。

伝統的な日本のパン屋は2018年7月アナハイムダウンタウンにオープンして以来甘くておいしい菓子をお楽しみいただけます。

Okayama Kobo Bakery&Caféの共同所有者であるTakahide Tome Kukidomeは「私たちは、岡山市に2つのポイントがあります。」と言いました。 「私たちは、1986年に日本で初めてオープンしました。34年になりました。 ”

塩味のスナックが息を止めて、一日中いつでもピックアップに適しています。

Okayama Kobo Bakery&Caféの共同所有者であるRocky Yoneyamaは「私たちは、毎日30分ごとに新鮮なパンを焼いてください。オーブンで新しいパンが出てきます。」と言いました。 「お客様は、午後2時に入ってくると、まだ新鮮なパンが出てくることを知っています。 ”

Okayama Kobo Bakery&CaféのマネージャーであるMaricela Llamasは「私たちのパン屋は驚くべき需要に応えることができます。」と言いました。

日本だけで見ることができる北海道産小麦粉の独特のブレンドは、顧客が再び見つける秘訣です。

YoneyamaはLocalish LAに “小麦粉、柔らかさ、質感も、実際に味わうことができます。」と言いました。

サンタアナで、少なくとも月に三回買い物をするSean Nishiyamaは「日本でパンを買うような感じがする。

そのメニューをトッピングすると、非常に人気がありますが、単純な塩とバターロールです。

「バターを中に入れて口に入れると溶けた。」と米山氏は説明します。 「もちろん、底がカリカリしている。」

ディズニーランドから数ブロック離れたところに位置するOkayama Kobo Bakery&Caféは火曜日から日曜日までの午前8時から午後4時まで営業します。

「このパンは非常に元になります。」Nishiyamaは言った。

「ベーカリーは、地域社会を接続して、家族を接続するのに役立ちます。私たちは、そのメンバーになりたいものです。」とYoneyamaは付け加えました。
ソーシャルメディア:
https://www.facebook.com/okayamakobousa
https://www.instagram.com/okayamakobousa/

その他のリンク:
https://www.okayamakobousa.com/

READ  巨人、井納&梶谷 "ダブル優勝"決定! DeNAなどの決定を連絡(サンケイスポーツ) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close