アナリストは、日本の化粧品に対する中国の需要が依然として弱いと述べた。

1 min read

この部門を扱う最高アナリストによると、市場は中国の経済回復と日本の化粧品需要への影響について過度に楽観的です。

三菱UFJモーガン・スタンレー・セキュリティーのアナリスト・和歌子佐藤氏は、インタビューで「中国の消費心理は依然として弱く、所得は貯蓄に向かっている」と述べた。 「多くの観光客が日本を旅しても、彼らは化粧品よりも活動にもっとお金を費やすでしょう」

この見解は、機関投資家から当該部門で最高ランクを獲得した数少ない日本女性アナリストの一人である佐藤が、日本最大の化粧品メーカー資生堂に対して弱気を示す主な理由です。 彼女は株式を扱​​う16人のアナリストのうち、唯一の売り上げ等価評価を持っています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  ★今日の[강추 결산]LIFULL、DCM、ウィルG(9月18日) - 週乗車
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours