アナリストは、日本のGDPの急激な下方修正が可能であり、金融​​政策に影響を与えると述べている。 By Reuters

1 min read

木原レイカ

東京(ロイター) – 日本の第1四半期の国内総生産(GDP)が予想外の修正により急激な下落につながる可能性があり、これは中央銀行の成長見通しと次の金利引き上げ時期に影響を及ぼす可能性があると一部のアナリストらは述べた。

政府は建設受注データの修正を反映して1~3月の国内総生産(GDP)数値を修正し、その結果を7月1日に発表すると火曜日に明らかにした。

一部のアナリストは、建設注文データが大幅に下方修正されているため、1月から3月の改訂GDPレベルは、経済が予想以上に縮小したことを示す可能性が高いと述べています。

第一生命研究所の新吉吉首席エコノミストは改正案で日本経済が第1四半期に年平均2.7%萎縮すると予想したが、これは現在推定値である1.8%萎縮よりはるかに大きい数値だ。

同氏は今回の改正により、今年3月に終わった会計年度の日本の経済成長率が1.2%から1.0%に下がる可能性があり、日本銀行を含む今年の会計年度の成長見通しも下方調整できると述べた。

「心配なのは、改正が金融政策に影響を与える可能性があるということです。」 BOJが7月30~31日の次回の会議で、新しい四半期別の見通しから成長の見通しを下げるよう強要することで言います。

多くの経済学者は、中央銀行が今年中の金利を現在のレベルでほぼゼロに近づけると予想しており、一部は7月の会議で措置を取る可能性に賭けています。

シンケ氏は、「BOJが2024年度の予測を大幅に下げれば、金利の引き上げを正当化するのに多少困難になる可能性がある」と述べた。

BOJは現在、2024年度に経済が0.8%成長すると予想しています。 経済が予測通りに動く場合、金利を引き上げる準備ができていることを示唆し、インフレが継続的に目標である2%を達成する可能性を高めます。

6月10日に発表された資料によると、日本経済は消費と輸出不振のため、第1四半期に年率基準で1.8%萎縮したことが示されています。 これは前四半期に0.4%増加した後です。 アナリストは、7月1日の改訂により、昨年の第3四半期と第4四半期のGDPレベルが下方修正される可能性があると述べています。

READ  日本情報局、中国経済安全保障脅威警告
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours