技術

アナログスティックの「ドリフト」の問題は、Xboxのコントローラにも米国で集団訴訟が提起した。 機種問わずゲーマーを苦しめる| AUTOMATON

ゲームコントローラのアナログスティックに触れており、入力操作が実行されている現象について、海外からのドリフトを意味する「ドリフト」とされている。 最近では、Nintendo SwitchのJoy-Conのドリフト現象が特に注目を集めており、海外では集団訴訟にまで発展したのかを廃止も何度も呼んできた。 ただし、ドリフトに悩まされているのは、他の機種はすべて同じである。 米国では、マイクロソフトの集団訴訟が提起されている。

2020年4月にニューヨークに居住するDonald McFadden氏代表とする集団訴訟が、ワシントン州西部地区連邦地方裁判所で提起された。 被告はマイクロソフト。 McFadden氏はXbox Eliteワイヤレスコントローラーを購入して使用していたが、ドリフトが発生し、新しい思考を再3〜4ヶ月がまたドリフトしまったという。 コントローラの保証期間は、Xbox One本体と比較すると、「不公正」短い90日に設定されていたため、無料修理は受けなかったという。

彼は小腸で同様の問題については、Xbox公式フォーラムを含むインターネットに多く掲載されているので、マイクロソフトはそうした「欠陥」を認識していないと主張している。 しかし、会社は、欠陥について公表していないまた、無償修理に応じなかったと指摘している。 McFadden氏は、障害に漂流する可能性があることを事前に知っていれば、高価なEliteコントローラを購入することはなかった告げる。 ちなみに、このコントローラは、約1万6000円である。 また、インターネット上の欠陥報告はEliteコントローラにない。

この訴訟は、原告の新た7人を追加し、陪審員裁判することを要求する修正訴状が10月2日、裁判所に提出された。 その中では、昨年11月に発売された後続モデルXbox Eliteワイヤレスコントローラーシリーズ2も不良品であるとして追加。 アナログスティックの内部部品の写真も添付して問題点を指摘している(VGC)。 現在原告は、裁判所に裁判(魔王)の実施を要求している段階であり、裁判所は、その決定をしたり、和解勧告などをすることになるようだ。

余談だが、今回の集団訴訟の原告側に冒頭で述べた任天堂の集団訴訟のいずれかを担当する弁護士事務所CSK&Dが一緒に参加している。 Joy-Conドリフトの集団訴訟に関連して、任天堂代表取締役社⻑の古川俊太郎氏が株主総会の場で謝罪。 しかし、訴訟で、実際に不快感を引き起こしていなかったと主張したと伝えられて話題になった(関連記事)。 一方、マイクロソフトは、訴訟について公に言及しなかった。

アナログスティックのドリフトの問題は、インターネット上ではPlayStation用のDUALSHOCKシリーズでも報告されており、YouTubeは各コントローラのDIY修理方法が多数掲載されている状況である。 ただし、多くの欠陥報告が上がっているのに対し、SNSやフォーラムなどでは全く問題がないという人も見ることができており、一律製品に欠陥だと断定することができる状況もないだろう。

今年11月には、PS5とXbox Series X | Sの発売が迫って一緒に新型コントローラが提供される。 その感じはもちろん、アナログスティックの設計にどのような変更がされているかどうかにも関心を集めるものと見られる。


READ  任天堂によって偶然流出した野生の息吹2詳細

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close