アニメと漫画のクリエイター:夢の労働者は限界に遭遇しましたか?

Estimated read time 1 min read

日本の大衆文化は世界中で影響力を行使しています。 アニメが人気を集めています。 翻訳された漫画が新しい市場にあふれ、世界中の読者の関心を集めています。 しかし、驚くべき人気と販売量にもかかわらず、これらの夢の工場の内部の仕組みは不明です。 特にプロデューサーと作業条件に関してはさらにそうです。 何千ものページやシーンを芸術で埋める人は誰であり、どうすればいいですか?

様々な専門家グループが日本のエンターテイメント業界の最前線にあります。 アニメーションとビデオゲームの創作者、監督とプロデューサー、アニメーションスタジオのスタッフやフリーランサー、イラストレーターと漫画の作家、彼らのアシスタントや出版社があります。 また、デジタルデバイス(最新世代の描画タブレット)メーカー、声優、参加者がキャラクターに扮するコスプレ活動のプロモーターやファンのためのイベントもあります。 彼らのほとんどは自営業をしています。

2023年、日本文化界の専門家たちは、日本政府が採択した新しい請求及び税徴収システムである「請求書」に反対する声を出しました。 去る10月に導入されたこの制度はフリーランサーが価格を上げなければ収入が減少するようになり警戒心を呼び起こしました。 彼らはこれを偽装された税引上げと見なす。

その間利益は急増している。 協会報告書によると、2022年のアニメ業界でのみ2兆7,400億円(約1,750億ユーロ、米ドル1,940億ドル)の収益を創出したが、これは2010年以降(ファンデミックによる2020年を除く)増加傾向を記録した記録的な数値です。 日本アニメの。 出版研究所のデータによると、漫画本と雑誌の売上は2022年に6,770億円(約43億ユーロ、米ドル48億ドル)という記録を立てました。 これは、電子形式が紙よりもどのように位置づけられているかを示しています。

労働組合の組織化と新しい戦略

「国家を象徴する」芸術形式の未来を恐れているアニメの専門家たちが力を合わせて日本アニメ映画文化協会(NAFCA)を設立しました。 5月のメディア発表で、彼らは業界が「夢の工場からは遠い」、「創作者たちは仕事への情熱で働き続け、肉体的にも精神的に限界にぶつかる」ということを明らかにしました。 体制崩壊危機に瀕している」と話した。

NAFCAは、「日本が品質を維持し、次世代のためのベンチマークになりたい場合は、力を合わせてアニメーションの未来を見なければなりません」とNAFCAは言います。

アニメーターが産業界で働くために耐えなければならない過酷な環境を非難し、「人的資源の枯渇と海外製作への依存も増加」につながる。 [or, in other words, the offshoring of anime]その結果、コンテンツの質が低下し、青少年のための教育が低下します。

上田昌雄さんは、人気ロボットアニメシリーズの制作に参加しました。 ガンダム 40年以上前。 彼は業界がどのように変化しているかをよく知っており、現在NAFCA議長を務め、ソリューションの開発を支援しています。 目標は、地域社会を構築し、資源と措置のためにロビー、権利を強化し、文化を保存することです。 「新しいポリシーとより良いサポートネットワークが必要です。 フリーランサーはスタジオと交渉力がありません。 大きなスタジオでも、以前と同じように正規の従業員を雇うことはありません。」と彼は言います。

「NAFCAはある日、ある創作者がアニメーター200人を集めて会議をしたというニュースを聞いて誕生するようになりました。 珍しいことだからびっくりして、ぜひ一度会ってみたかったです。 私たちのプロデューサーとクリエイターは一緒に問題を解決することができます。」と上田は言いました。 均等な時間。 問題の創作者は労働運動と擁護活動で有名な作家西井照美だ。 アニメーターの仕事に関する本では、西井は業界に参加しようとする夢を持つ若者が足を踏み入れ続けるのを助けるために過酷な給与と条件を公開しています。

プロデューサーの上田昌夫は制度を非難します。 「システムと政治家は芸術創作者を尊重しません。 アニメーションは文化の一部であり、人々に影響を与えるため、国には責任があります。 国際的な影響力もある」と話した。

日本労総(JTUC-RENGO)Wor-Q支援センター2023年まで理事である西野由香里は昨年、自営業者らが「脆弱な位置にある」と話した。 安全網が脆弱だ」と話した。 国立センターによると、国内労働者6,500万人のうち4人のうち1人は自営業者だそうです。

そこで2021年10月、社会保護を受けていない人々のための相互健康・保険オンラインネットワークであるWor-Q Supportを発売しました。 カウンセリングプラットフォームとしても活用されます。 文化分野のフリーランサーは、「管理が複雑で、労働者が受け取る収入が減少する」新しい請求書および税徴収システムに関する懸念を表明しました。 西野は続けてこう言います。 「多くの人が職場で報復を受けるのを恐れて、自分の名前を明らかにするのを嫌います。 若者が最悪だ」 例えば、声優に代わるために人工知能が使われるという不満がすでに受け付けられている。

労組は「日本では仕事の未来が不確実だ」と懸念する。 解決策の一環として、「私たちは若者と情報を共有し、より多くの連合を構築する必要がある」と西野は主張します。 JTUC-RENGOは現在約700万人の組合員を代表しています。

アニメの黄金時代? 少し落ちる

社会学者Renato Rivera Ruscaは、私たちが「生産泡」を経験していると警告します。 彼は次のように説明します。 「大きなスタジオの日記は今後数年間いっぱいです。 しかし、彼らは補助を合わせようとしています。 創作者たちが急いで内容も似ていてより商業的だ」と話した。

このような慣行が作品にどのような影響を及ぼすかについて彼はこう述べています。 「過去には放送準備に1年かかりました。 ハイディ (1974)または マヤ・ザ・ビー (1975). 今は3ヶ月以内に放送をして給与も概ね低いです。 以前は3~4人のアニメーターがやっていたことをもう10~20人にすることになりますが、予算は同じです。

Riveraは続けて言います。 「制作者にとっても企業としては黄金時代ですが、コンテンツやそれで生計を維持するためには黄金時代ではありません」とアニメ市場や観客の専門家は主張します。 「工場でそこに雇われた人は、組立ライン労働者のようです。 彼らは想像力と創造性を使用しますが、業界の指示に従います。」 地元の人材と知識に影響を与える海外アウトソーシングについて、リベラは「品質が低下しており、こうした傾向が弾力を受けると日本の雇用が減少し、若者が訓練を受けない」と述べた。 [and knowledge will be lost as, in Japan, it is often the companies and the most experienced people in the companies that are in charge of training newcomers]。 数年以内に、日本のアニメには特別なものやユニークなものはないでしょう。」

リベラは、1970年代に日本の漫画が生産されたおもちゃを販売するツールになったと言います。 1980年代には、ラテンアメリカやヨーロッパの子供たちもこのような大衆文化のテレビ視聴者でした。 到着後 あきら (1988)以来、これらのアニメーション映画は「大人のためのサブカルチャー」として評価された。 暴力と性的な内容は日本と海外で否定的な評判を得ました。 ポケモン シリーズ(1997)。 ミッキーマウス、スーパーマリオ、クマのフーなどどこにでもありました」

アニメにこんなに魅了されるのはなぜですか? 「ジャンルが多様で作品数も多いからです。 今日では、その数が増加し、日本以外の消費者の魅力も高まっています。 これでより簡単にアクセスできるようになり、アニメーションはおなじみの用語になりました。 これ以上先入観はありません。 イギリスでは、次の演劇も脚色されています。 近所のトトロ (1988). これは主流に革命をもたらしています。」とリベラは言います。

世紀の転換期に宮崎駿を主要代表者とするジブリスタジオは、次の作品でオスカー賞を受賞しました。 ずっと通り (2001). 日本政府はその潜在力を活用して文化強国で競争するという戦略であるクールジャパン(Cool Japan)を出した。 それでも「国内制作を支援する予算がない。 状況は非常に深刻です。 創作者に支援するのではなく、マーケティング製品、イベント、文化広報大使に支援が提供されます」と研究員は言います。

そして漫画は?

日本では、創作者が自分のプライバシーや性別を含む実際のアイデンティティを嫉妬深く保護することがよくあります。 特に漫画家 マンガカ。 彼らは写真を撮らないように要求し、インタビューを拒否することが多い。 今回の報告書でもそうだった。 多くの人々は、嫌がらせや出版社から送られた奇妙な手紙のようなファンの反応を恐れています。

成功した漫画家の鳥居市がインタビューに応えた。 均等な時間。 トーリーは様々な国や文化で育ち、絵画で普遍的な言語を見つけました。 トーリーは、10代の時、香港でイラストを展示して、ある出版社に抜擢されました。 現在、漫画とイラストを描くこのアーティストのキャリアは15歳で始まりました。 歴史と小説はアーティストの情熱です。 Toryの漫画は主に男性の読者にアピールします。

鳥居はその過程で徹底した調査を進め、物語の震源地へ旅立つ。 作家はモスクワで3年を住んでいた。 ボストク 宇宙を背景にした作品で、作家は宇宙飛行士とともに宇宙ロケットに搭乗したりもしました。 創作過程の漫画レポートと新シリーズがまもなく出版される予定です。

トリーは専門家から学び始め、今はアシスタントと一緒に働いています。 勤務時間について尋ねると、作家は「ほぼ常に漫画を描いています」と答えます。 しかし、Toryは次の特別な公式に固執します。 「私は他の漫画を読んでいません。 楽しみたい、よくやりたいので私のスピードで文を書く。 平均して、1日の作業は1ページを描くのと同じです。

紙からデジタルに切り替えて漫画雑誌が消えることについて、トリーは次のように述べています。 「私たちが働く方法が変わりました。 以前は、紙にタイムリーに出版するために非常に厳しい締め切りを守る必要がありました。 今、ウェブに投稿することで、私たちは大きな負担を感じず、遅くても他の人を悩ませません。」 コロナ19ファンデミックがデジタル漫画を引き起こしたとアーティストは説明します。

クールジャパン戦略がマイナスの影響を受けたトリーは、「漫画の普及以来、多くが変わっています。

「日本はコンテンツを宣伝しますが、漫画家やアニメーターには何の対価も与えません。 日本政府と出版社は創作者を大切にしません。 システムは仕事に対する私たちの愛を活用します。 海外で育った人として、日本のクリエイターを扱う方法が非常に問題だと思います。」とToryは結論付けました。

漫画とアニメは別々の産業ですが、大衆文化の中に絡み合っています。 漫画が人気を得たら、結局大きな画面に上映されます。 日本人世代はこの文化的相互主義に慣れてきた。 映画の世界も同じだ。

印刷された漫画雑誌の消滅はすでに現実になっていますが(デジタル形式への移行と主な消費を考慮したとき)、2023年には伝説的な漫画雑誌のアニメ初演が始まります。 ドラえもん大衆は漫画を含む映画パンフレットを受け取りました。これは、紙に漫画の起源に対する賛辞と映画館の若い大衆の間で熱狂と読者の関心を受けた伝統的なマーケティング戦略でした。

READ  ベンシー澤藤みどり:日本の無声映画の声
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours