アニメ映画が2023年に日本のボックスオフィスを掌握しました。

Estimated read time 1 min read

日本データ

経済映画アニメーション


2023年にはアニメ映画が日本のボックスオフィス3位を占め、全体の収益が増加しました。

日本の4つの主要映画制作会社で構成された日本映画製作者協会(Motion Picture Producers Association of Japan)は、アニメ映画の強力な成果に支えられ、2023年に日本のボックスオフィス収益が3.9%増加した2,214億円を記録したと報告しました。

全上位3作品はいずれもアニメ作品で、それぞれ100億円以上の興行収益を創出しました。 日本の 最初のスラムダンク (159億円)は米国映画に先立ち最高収益を上げた。 スーパーマリオブラザーズ映画 (140億円)と 名探偵コナン:黒鉄潜水艦 (139億円)も日本から出た。

日本映画ランキングではトップ10のうち6つがアニメだった。 MMPAJ副局長の小林圭司は「読者が日本漫画原作の話が好きで映画鑑賞につながった」と話した。

2023年のボックスオフィス収益基準日本上位10映画

  1. 最初のスラムダンク * 159億円
  2. 名探偵コナン黒鉄潜水艦 * 139億円
  3. 男の子となぜ * 88億円
  4. キングダムIII:運命の炎 56億円
  5. ゴジラマイナスワン 56億円
  6. 謎と呼んではいけない 48億円
  7. 東京MER:取り外し可能な緊急治療室 45億円
  8. ドラえもん:のび太の空ユートピア * 43億円
  9. 悪魔の虐殺者 : Kimetsu no Yaiba – 剣鍛冶屋が村へ * 42億円
  10. Idolish7: Live 4bit – 時代を超えた * 29億円

作成者: Nippon.com 日本映画制作者協会のデータに基づいています。 アスタリスクはアニメーション映画を表します。

(日本語翻訳。バナー写真:ファンがポスターの前でポーズをとっている。) 最初のスラムダンク 2023年4月23日中国上海で。 日本のアニメは海外ファンが多いです。 ©ロイター。)

漫画
日本の漫画映画
映画
スラムダンク

READ 
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours