アニメ産業の労働条件改善のために設立されたグループ

1 min read

かつてアニメスタジオは夢が作られるところとして認識されていましたが、実際には拡大する業界の最先端のアーティストたちは、悪夢のような作業環境で高まった労働をすることが多いです。

アニメーションメーカーMauo Uedaが率いるNippon Anime & Film Culture Association(NAFCA)は、低賃金による長時間労働など業界を悩ませる問題を解決するために結成されました。

Uedaは、Sunrise Inc.(現Bandai Namco Filmworks Inc.)の専務取締役であり、A-1 Pictures Inc. そしてAniplex Inc.の社長を務めました。

彼は5月19日、東京で開かれた記者会見で声優など一般社団法人創立メンバーたちと共に状況を説明した。

「制作現場は、夢が織りなす工場がはるかに不足しており、今や製作は自分の限界を上回りましたが、「このことを愛しているから」、一生懸命働くクリエイターによって支えられています」と上田は語った。 「一線職員が脱進直前といっても過言ではありません。」

日本アニメ協会の2022年アニメ産業報告書によると、日本のアニメ市場は2021年に2兆7,000億円(192億ドル)規模に成長しました。

しかし、多くのアニメーター、特に若いアニメーターは依然として低賃金で長時間労働しており、中小規模のスタジオは不安定な環境で運営されています。

上田氏は、アニメーション制作者が業界で働く機会を得る前に、貧しい人々に住むことになると述べた。

彼は、政府当局の措置を待たずに、自分の職業環境を変えるためにNAFCAを設立することを決めたと述べた。

協会の主な活動の一つは、業界の人材を育成することです。

NAFCAの取締役であるアニメ監督のナオミチヤマト氏は、アニメーション制作技術が上級職員の後輩同僚に世代を経て伝授されたと述べた。

しかし、近年、製作量が急激に増加し、こうした技術を職場で伝授することが難しくなったと彼は語った。

「一手足りないメーカーはSNSを通じてアニメーターを募集しています。 芸術家たちは訓練も受けられないまま職場に投げ込まれ、正しく仕事をしているのかも知らない」と話した。

「新入社員に経験豊富なスタッフが何をすべきかを割り当て続け、スタジオは最悪の悪循環に陥りました。 品質が低下し、修正しなければならず、スケジュールが遅れ、締め切りを逃すことになります。

Yamatoは、協会が基礎を学びたい求職者を対象とした「アニメーター技術認証テスト」を導入する計画だと述べた。 このプログラムはまた、プロのアニメーターに再教育の機会を提供します。

NAFCAは政策提案も行う計画だ。

「音声録音アーティストと俳優は政治に関与するのを嫌がる傾向があります。 しかし、状況が深刻になり、もはや目を閉じていることができなくなりました」

「私たちは私たちの考えを表現し、社会の考え方を変えることができる環境を提供したいと思います。 一線で働く人々の意見を政府に伝え、アニメーションが日本の伝統文化に発展するのに貢献したいと思います」

READ  殺人と「秋の人たち」であるNetflixで「イカゲーム」を見なければならいます。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours