アバディーン大学技術を用いた最初の火星水試み 日本ミッション再発時

Estimated read time 1 min read

無料ニュースレターに参加するにはここをクリックしてください!

ミッションは水生成を研究するために火星に向かうでしょう。

アバディーン大学が開発した技術が日本の次期火星探査船に含まれることが確認され、火星で初めて液体状態の水を作ろうとする試みが復活した。

大学の惑星科学部によって開発されたこの装置は、欧州宇宙局/ロシア宇宙局合同ExoMars 2022の任務を遂行する予定でしたが、ロシアのウクライナ侵攻後に中断されました。

しかし、イギリス宇宙局の資金援助により、2028年から2032年の間に行われる予定の日本ミッションにHABIT実験が含まれることがわかります。

液体状態の水は火星の表面から見たことがない。

動作中の科学理論は、大気から水を吸収し、温度が最も低い夜に液体状態の水(食塩水の形)を生成するユニークな塩が惑星の表面にあることです。

HABIT(Habitability:Brine Irradiation and Temperature)デバイスは、火星でこのプロセスを初めて記録しようとします。

それは火星の表面に存在することが知られている塩の種類としてロードされ、チームが塩が大気から水分を吸収し、水を生成するかどうかを監視することができます。 また、大気中の水蒸気の量、指標、大気温度の毎日および季節変動、UV放射環境を調査します。

惑星科学部長のJavier Martin-Torres教授は、今月日本を訪問し、東京にある日本航空宇宙探査局本部で英国宇宙局代表にHABITを紹介し、宇宙技術と科学に関する国際シンポジウム。

彼は「私たちは英国宇宙局と日本宇宙プログラムを通じてHABITを火星に送る新しい機会を持つことになり、とても感謝して興奮する。

「HABITが日本の機器と互換性があるようにするには少し調整が必要ですが、この段階に到達するためにデバイスに対してすでに行われている長年の研究開発と比較して、この作業はマイナーです。

「私は以前、NASAのCuriosity RoverにあるRover Environmental Monitoring Station(REMS)という他のデバイスで作業する機会がありました。 火星のREMSの写真を見て、私がかつてそのデバイスを手に持っていたと言えるのは良い感じです。

「任務が計画通りに進めば、HABITは他の惑星の表面に配置されるヨーロッパ初のISRU(現場資源活用)装置になるだろう。

「私たちはこの機会を持っていて、とても幸運で興奮していますが、火星で水と生命体の存在についていくつかの古い質問に答えることができる可能性にもっと興奮しています。」


この記事に返信しますか? その場合はクリック ここ あなたの考えを提出し、印刷物として出版することができます。

READ  がん遺伝子治療の驚くべき発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours